上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 サンテレビのニュースシグナルが始まってから約1年経ちます。

 今日のニュースシグナルの特集には,「丹波ひまわり基金法律事務所」の井村華子弁護士の活動の軌跡が取り上げられます。
 必見であります!
himawarikikinn.jpg
 井村華子さんは,東京で修行を経てから丹波地域に赴任して来られた弁護士ですが,とても高い志を持った法曹人です。
 柔和でおっとりした風貌ながら,パワフルかつ有能で,何よりも粘り強いガンバリ力をもって,この地域の司法の実現に寄与して来られました。

 たくさんいる弁護士の中で,こういう人に目を付けるところは,さすがサンテレビです。

(※なお,この本は,日弁連で出している「ひまわり基金法律事務所だより 第1集」です。丹波ひまわり基金法律事務所については,初代所長の東泰弘弁護士がレポートをしています。東先生も,とても高い志を持って,丹波の地でご活躍をされました。)

 今日の神戸新聞のテレビ欄の案内記事は次のとおりです。
 弁護士がいない,もしくは1人だけの「ゼロワン地区」に日弁連が開く事務所がある。
 そのうちのひとつ「丹波ひまわり基金法律事務所」の井村華子弁護士は,間もなく丹波での任期を終える。
 弁護士過疎地域の問題は「弁護士に相談することに気付かず,1人で抱え込むこと」と,気楽にのぞける事務所づくりが必要だと話す。
 この「気楽にのぞける事務所づくり」というポイントは,過疎地域だけの問題ではなく,市民を迎える全国の法律事務所の全てに与えられた大きな課題でしょうね。

 なお,この問題については,私も,ニュースシグナルの「法律シグナル」のコーナーで(第33回 11月13日放送分),「弁護士の過疎」ということで,コメントしていますので,ご参照下さい。
(⇒こちらにあります。

20080306075803.jpg ところで,井村先生はたいへん貴重な情報収集能力も備えておられます。
 取材を受けるだけにとどまらず,サンテレビの,マスコットキャラクター
   「おっ! サン」
のことを逆取材したようで(???),私に詳しく教えてくれました。

 おっ!サンは,神戸市長田区の出身なのだそうです。
 おっ!サンは,阪神ファンなのだそうです。
 おっ!サンのことを紹介するホームページもあるそうです。
 こちらから,おっ!サンのアニメが見られます!
 ⇒http://www.sun-tv.co.jp/oh/index.html
 おヒマがありましたら,どうぞご覧ください。
 アホかいな,と思わず苦笑すること請け合いです。

 キャラクター的には,「やわらか戦車」よりも,いいんじゃないかしら。

 きっと,おっ!サンのキャラは,関西人のノリにピタッとはまるのでありましょう。

 このようなメモパッドをいただきましたが,わが事務所でも,スタッフのみなさんに大人気でありました(しかし,よ~わからんなあ・・・)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。