上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「名こそ惜しけれ」~滝本雅彦先生追悼集
が,同先生の三回忌を迎えてようやく完成し,私の手元に届きました。

nakoso.jpg
 滝本弁護士は,兵庫県弁護士会の会長の在任中に逝去されました。
 滝本弁護士は,副会長在任中の平成7年1月に,阪神・淡路大震災が起き,混乱のまっただ中で陣頭指揮を執ったということで,弁護士会の危機対応の第一人者のお一人でした。
 その果敢な姿勢と,高い志に,死を惜しむ仲間も少なくありません。

 この追悼集では,
  「震災時における弁護士会の活動」
ということで,これに関連する論文も寄せられています。
  ●弁護士の役割
  ●弁護士会の役割
  ●日弁連の対応
  ●被災者法律援助事業
  ●火災保険請求訴訟の総括
などが掲載されました。
 私もこの追悼集に「被災者のこころのケアと弁護士」というタイトルで寄稿しました。
(→その全文は,今年の1月3日の記事にアップしています。)
 あらためて当時のことが思い出されます。

滝本さんのことは,私が密かにファンである歌手の森祐理さんとの対談を見ていただけると,よく分かるかと思います。
(→こちらです。

***応援お願いします***→応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。