私のブログは、もともと「きまぐれ雑記」というコンセプトで、たいそうな事柄を書くつもりは全然ありませんでした。
 しかし、どういうわけか社会派的な事柄を取り上げることが多くなってしまっています。

 これは、トラックバックして下さる方々や、コメントをいただける方々に引っ張られているところが多分にあります。
 人と人がつながりあう「ネット」というものの一つの効果なのだなあと思ったりしています。

 私のブログは一日平均500アクセス程度で推移していました。
 ところが、どういうわけか、最近は1000近い日もあり、昨日は1600アクセスもありました。
 ちょっとした驚きです。

 必ずしも、記事の内容に左右されているわけでもなさそうです。
 どうやら、コメント欄で議論が展開されたり、内容が荒れていると、件数が増える傾向があるのかな、と見ています。

 コメントを寄せて下さる方々のうち、3分の1ぐらいの方は、実際に存じ上げている方々で、リアルに気心の知れたみなさんです。
 そして、3分の1ぐらいの方はブロガー同士で、お互いのブログを通じて気心が知れている、と私は受け止めています。
 他方、まったくどこのどなたなのか、全く想像さえつかない方々も3分の1ぐらいいらっしゃいます。

 特に、最近、常連のようにコメントいただく特定の方々は、どこのどなたなのか分からない方々です。

 コメントにはご返事をするのがマナーだと分かっていますが、ほとんどご返事できておりません。申し訳なく思っております。
 ただ、最近いただくコメントには、
    ・やたら長文のもの、
    ・難解で意味がよく分からないもの、
    ・記事の本題からズレているもの、
    ・何とも申し上げようのないもの、
なども多くて、特に長文だったり難解だったりするものは、コメントを読むことさえできていません。
 こうしたコメントをいただく特定の方々は、全員どこのどなたなのか分からず、まったく顔も見えませんし(内容からして、少なくとも同業の方ではなさそうです。)、真意や意図もよく分からないので、失礼を承知でご返事しないままにしています。
 ご容赦いただきますようお願いします。

 ともあれ、話題提供するのが私の役目で、当面コメント欄を主宰する役目を果たすつもりはございません。
 いろいろなご意見をいただけるに越したことは無いので、このペースで行かせていただきます。
 今後ともどうぞよろしく。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします