上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 現行の「教育基本法」は,憲法前文と並んで,我が国の法体系の中で最も美しい法律です。
 美しいと言っても,うわっつら(=文言)だけの美貌ではなく,質実(=理念)を備えた,内実(=条理)までも美しさを保った法律です。

 昨日の「強行採決」により,教育基本法は転落を始めました。
 なんとか食い止めなければなりません。

 なお,与党の町村外相はマスコミに対し「強行採決という見出しを付けるな」と言ったそうです。しかし,強行採決とは,「与党が野党の了承なく数の論理で採決をすること」(出典Wikipedia)であり,昨日の採決は,強行採決そのものです。
 後で言いますが,その訓辞に犬のように従順に従い「単独採決」とか「採決強行」などと言い換えているマスコミにも,十分注意をしないといけません。

 コント集団「ザ・ニュースペーパー」は,こういう事態を「マイケル・ジャクソン」に例えて笑い飛ばしていました。
 一旦,整形を始めると,止まらなくなり,次々に美しくなろうと整形を繰り返し,アイデンティティーである褐色の肌も白人のように塗り替え,やがて顔面そのものが崩壊する,というオチです。

 うわっつらだけの「美しい国」になろうとするために,私たちは,今まさに大切なモノを,手放そうとしています。
 なんとか食い止めなければなりません。

 今後の,転落ルートは次のとおりです。
   衆議院 教育基本法特別委員会 ●(11月15日強行採決
       ↓
   衆議院 本会議 (本日,強行採決の見通し)
       ↓
   参議院 教育基本法特別委員会(これから審議入り)
       ↓
   参議院 本会議 (一応12月15日が会期末)
       ↓
   成立すれば施行規則・施行令や下位法を次々に作る

 しかし,まだまだ,やれることはあります。

今日は,
   1 マスコミに頼ってはいけない
   2 何が最も大事なポイントなのか

を簡単にコメントしておきたいと思います。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。