事務所は9日からですが,弁護士会は今日から始業です。
 今年は正月3ケ日も,当番弁護士の休日支援当番にあたっていたものですから,「さあ,今日から頑張ろう!」という刷新気分も起きませんけれども,ボチボチ始めたいと思います。

 さて,今日付のうさあさんのブログ(→「忙しいママのためのしんじつのえほん」)と,保坂展人のどこどこ日記で,アメリカの教育現場の話が紹介されていました。
 そこで,触発されましたので,アメリカの教育現場に導入されている,
   ゼロ・トレランス方式
について,ちょっとだけ触れておきたいと思います。

 この聞き慣れない「ゼロ・トレランス方式」というのは,直訳すると,「tolerance(寛容)」を0にする,すなわち「不寛容方式」ということだそうです。
 『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば,
◆生徒の自主性に任せる放任主義ではなく、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。

◆アメリカでは1970年代から学級崩壊が深刻化し、学校構内での銃の持込みや発砲事件、薬物汚染、飲酒、暴力、いじめ、性行為、学力低下や教師への反抗などの諸問題を生じた。
 その建て直しのための生徒指導上の様々な施策が行われてきたが、その中で最も実効の上がった方法がゼロトレランス方式だった。

◆細部にわたり罰則を定め、違反した場合は速やかに例外なく厳密に罰を与えることで生徒自身の持つ責任を自覚させ、改善が見られない場合はオルタナティブスクール(問題児を集める教育施設)への転校や退学処分を科し善良な生徒の教育環境を保護。

◆また「駄目なものは駄目」と教えることで、規則そのものや教師に対し尊敬の念を持たせ、ひいては国家や伝統に対する敬意や勧善懲悪の教えを学ばせた。

 私たちが、世界でもっとも自由な国だと信じているアメリカで、このような管理主義的な教育が徹底されていたというのも驚きですが、もうひとつ、驚くことがあります。
 実は、文部科学省では、すでにこのゼロ・トレランス方式の採用に向けてがんばっていたのです。
 平成18年1月31日付の文部科学省初等中等教育局児童生徒課の
   『生徒指導メールマガジン』 第16号
では、巻頭言で次のようにぶちあげています(長いので太字部分だけをお読みいただければ結構です。註;太字・改行は津久井による。)
 巻頭言:「ゼロトレランス方式」について(児童生徒課長坪田眞明)

 各都道府県・指定市教育委員会の生徒指導関係者の方々には、日頃から生徒指導の充実についてご尽力をいただいており、この場を借りて深く感謝申し上げます。