上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日が参議院の会期末です。
そして今日が参議院特別委のXデー(採決日)といわれています。
(→HPニュースはこちら

もうひとふんばりです。
ひとりひとりが,この問題に関心をもつこと,事態を注視することだけで,とても大きな力になります。
もちろん,声を上げれば,さらに良いです。
国会では集会も予定されています(→あんころブログ「【緊急】明日、委員会採決の危険! 国会前に駆けつけて下さい!」をご覧下さい)

今日は,教基法問題について,いくつかの「声」をお伝えします。

兵庫の仲間の村上英樹弁護士は一昨日の国会前集会で,「今、声をあげなければ、法律を学んできた意味はない! 兵庫に帰っても、たましいは国会であばれているので、一緒にがんばりましょー!」とアピールしました。
(→あんころブログ)(→村上弁護士のブログ
私も,「たましいの大暴れ」にお付き合いをしようと思います。

それから12日の公聴会での
  埼玉大教育学部 浅野大志さん
の発言も素晴らしかったです。現役の大学生からの素晴らしい発言です
(→発言の全文はこちら。
(→状況はこちらのブログをどうぞ
まあとにかく,実際に見てみて下さい(公聴会開始後59分からです。)。
(→Real Player版 http://tinyurl.com/u8369 Windows Media Player版 http://tinyurl.com/yxzgwl
いやあ,お見事でした。これまでの教基法に関する議論を総括する内容であり,とても分かりやすく,ウンウンとうなずけるものでした。
この話を聞いて,良心が痛まない参議院議員は,もはや良心の府の構成員ではないでしょう。

神戸のフリースクール(フリースクールは,たとえば不登校の子のための居場所です)の「ラミ中学校分校」(→HPはこちら)の小野さん(→ブログはこちら)からも,「今できることをしたい」という直接のメッセージをいただきました。
仲間が増えるというのは元気の源です。

一方,安倍晋三さんはタウンミーティングのやらせ問題の責任をさっさと果たしてケリをつけるべく100万円を返納し、「初心に帰って、国民との双方向の対話の場としてタウンミーティングをスタートさせたい」と言ったそうです(→朝日新聞はこちら)。
そこまで言うなら,もう一歩踏み込んで「教育基本法を制定したときの初心に帰って、国民との双方向の対話をして,教基法の議論に再チャレンジしたい」と言ってもよさそうな気がします。

さて,ここで趣向を変えて,現在の改正案を作った人たちの本音もお伝えします。
これが改正教基法が目指す真の理想の姿です。
(→http://ww1.tiki.ne.jp/~sakuwa/kaiakusitaihito2.htm
しかし,国民がみんな眠っていた頃に,このような本音がボンボンと公表されていたんですね。
今,こんな発言をしようものなら,いっぺんにテーブルがひっくり返されるでしょう。本音をしっかり心にとめておかないといけません。
以下,いくつか引用しておきます。
  ↓
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。