上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今年4月25日に,JR福知山線事故から丸3年を迎える。

 今年も,あの日のことを忘れないようにするために,多くの取り組みが予定されていて,私も参加している
     「思いをつなぐ連絡会2008~4月25日は忘れない」
では,それぞれの取り組みを「つなぎ」あっている。

 そのトップバッターとして,明日,次の催しが予定されている。
 お時間のある方は,是非,ご参加いただきたい。
4・25メモリアル市民の集い
~語り合おう・語り継ごう・あの日のこと・これからのこと


 日時:平成20年3月23日(日) 午後2時~午後4時

 場所:尼崎市小田公民館(⇒こちらより/現場近くです

       無料


 内容 1 追悼コンサート:合唱団フロイデンコール
     2 朗読「葉っぱのフレディ~いのちの旅~」
       「命輝いて~鈴木順子さんから学んだこと」
       (五十嵐有香,五十嵐愛生,山本泰大)
     3 ピアノ演奏:「千の風になって」「アメージンググレース」


425memoriaru.jpg 主催 4・25メモリアル市民の集い実行委員会
 協賛 聖トマス大学 市民活動団体
 後援 兵庫県 尼崎市
 ここで注目して頂きたいのは,五十嵐有香さんと鈴木順子さん,鈴木もも子さんである。

 五十嵐有香さんは,当該車両に乗車していた負傷者の一人であるが,事故をきっかけに朗読劇グループ「うぃっしゅ」を立ち上げ,命の大切さを訴えている。
 鈴木順子さんは重傷者の一人であり,母親のもも子さんらの心を込めた看護で,命をつなぎとめた。

 その思いを,朗読劇に込めて送ろうというメッセージだ。
 きっと誰にも共通する大切な命題だと思う。

 以下,紹介のニュースを引用させていただく。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。