上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 橋下徹さんは,昨日から今日にかけて,ご自身のブログ(→http://hashimotol.exblog.jp/)で大いに気炎を吐いていた。
hasimoto2.jpg
 彼は,なかなか文章も上手で,その内容も面白く,何よりも威勢が良い。
 だから,共感を覚える人もきっと多いだろう。

 では,彼の言いたいことをひとことで言うと,どんなふうになるのだろう。

 私も,あらためてざっとエントリーを読み直してみたが,9月7日の
    「私が提訴されたことにつきまして」
というエントリーで,「世間」という言葉が,何度も何度も,繰り返し繰り返し使われていることから明らかなとおり,
   弁護士は,世間の声をきけ!
というところに尽きるようである。

 橋下さん自身も「被害者や国民への説明義務を果たしていない」のが懲戒請求の理由だと,別のエントリーで言っている(→こちら)。

 読み手に「私も『世間』の一人だ」という意識がある場合,なんだか当事者の一人のような気がして,思わず納得してしまう,という面もあるだろう。


 では,弁護団は説明を行っていないのだろうか。

 まず,あまり売れてなさそうな地味な本だが「光市裁判」という本が出ている。
 私も,実はその本の存在自体を知らなかったが,最高裁において批判された弁護団活動の顛末はかなり詳細に明らかにされているようだ。
hikarisi
 本を作るには,大変な汗と時間を消費する。
 彼らは「世間」への説明を行うために,実際に汗をかいている。
 橋下さんのようにマスコミ寵児ではない上,アピール方法は高視聴率の「そこまで言って委員会!」と違って極めて地味だが,「説明をしていないじゃないか」というのは,どうやら違うみたいだ。

 それから,今回,提訴に及んだ原告(光市事件弁護団)の一人である広島弁護士会所属の今枝仁弁護士は,東京の坂井弁護士さんがやっている「超初級革命講座」というブログのコメント欄で,かなり具体的なことをお話しされている。
 是非,そちらに行って(→こちらをクリック),今枝さんのコメントを見て欲しい。
(あるいは,この件で連続して記事を書かれている寺本弁護士さんのブログ「弁護士のため息」を見て頂きたい。)

 私も,ひとまず弁護士を離れ,一市民の感覚で読んでみて,感銘を受けたり,なるほどと思う点がいくつもあった。
 たとえば・・・・・
◇刑事事件に力を入れてるのは,自分が社会の底辺をさまよっていた経緯や,多くの過ちを犯した自覚があって,人間が失敗することと人生に再チャレンジすることへの思い入れがあるから

◇検察官をやめたのは,18歳の女子高生が飲酒運転の車にはねられ,顔を複雑骨折したというせい惨な事件の公判立ち会いで泣いてしまい,検察官失格と思ったから

◇事務所を銃撃され,事件後しばらくは緊張感で頭が狂いそうで,家族らも心配で仕事も手に付かなかった。自分も,犯罪被害者としての苦悩を,何百分の1に過ぎないが,少しは実感しているつもりだ

◇光市弁護団は,全員が死刑廃止論者ではない。自分は元検察官であり、現行法を前提に弁護活動をなすのが正当だと思っている。弁護団の中で死刑廃止論の議論などなされていない

◇報道では多くの誤報があり,弁護団として説明したいこともあったが,本村さんに対する遺族攻撃と批判される可能性もあり,あえて自粛してきた。
 コメント欄では,事件そのものの内容についても,かなり突っ込んで触れられている。
 もしかしたら,何も知らないで,雰囲気だけでワアワア騒ぐことが恥ずかしくなるかも知れない。

 (なお,これら弁護団に関する件の決定版は,ヤメ蚊弁護士さん「光事件Q&A~弁護団への疑問に答える~光事件弁護団」です。こちらをご覧下さい。)


 いつものように前置きが長くなってしまった。悪い癖だ,反省,反省。
 本題に入りたい。

 私は,今枝弁護士のコメントの中で,あえて,
     人の情に訴える
部分だけを抜粋して紹介した。
 それは,人の心を動かすということが大切な事だと思うからだ。

 しかし,記者会見の場や,弁護団のコメントなどで,そんな話をしていない。
 司法という場は,まずは「理」で動かなければならないと理解しているからだろう。
 私は,それでいいと思う。
 法と良心(=「理」)にのみ拘束されるとする「司法」の特性・独立性がそこにあるからだ(憲法76条参照)。

 しかし,大衆を動かすには,「理」より「情」を訴える方が簡便で効果的だ。

 そのことは,昔からよく知られているとおりであり,その人間の習性を利用して国家を大きく扇動することがあった。
  「ナチスドイツ」
  「911直後のアメリカ」
  「天皇崇拝の戦前日本」
等々・・・・
例を挙げれば,枚挙にいとまがない。

 これらに共通している特徴は,
   ◆威勢が良くて勇ましく,
   ◆歯切れの良くて耳心地がよく,
   ◆「そうだ!そうだ!」と大合唱しやすい単純な内容,

というところかなと思う。
 また,行き過ぎると大きなアヤマチを招いてしまうというところも共通した経験則のようだ。

 政治の世界で,こういうふうに大衆を利用した政治手法を取る場合,「ポピュリズム」とか,大衆迎合主義とか,衆愚政治などという。

 「ウィキペディア(Wikipedia)」によると,ポピュリズムというのは
カリスマ性を有すると見なされた為政者が、一般大衆と立場を同じくすることを強調して行う政治手法

ポピュリストは、既存の政治エリート以外から現れることが多い。選挙戦においては、大衆迎合的なスローガンを掲げ、政党、労組等の既存の組織を利用せず大衆運動の形を採る。ここでは、しばしばマスコミを通じた大がかりな選挙キャンペーンが打たれる
とある。

 どうだろうか?
 この太字強調の部分は,今回の件に関する,橋下さんの行動原理とピタッと一致していると思えないか。


 光市事件弁護団の方々には,お世辞にも,大衆に対するカリスマ性や,大衆迎合的なスローガンがあるとは言えないし,マスコミの使い方など橋下さんの足下にも及ばないだろう。
 その姿は,ポピュリスト政治家の代表格・小泉純一郎の前で,大きく後退してしまった旧来の有力政治家たちの姿と重なって見える。
 しかし,ポピュリズム的な手法がへたくそであることが非難されるべきことだろうか?誤りなのだろうか?猛省すべきことなのだろうか。
 否,絶対に違う!

 ウィキペディアには,
 「ポピュリスト政治家は、一般大衆との近さを装うために、従来の政治過程や官僚制度をパイパスした政策を実行する
という指摘もあるが,本来,刑事訴訟など裁判の場で裁かれるべき問題を懲戒請求制度という飛び技を使ってバイパスさせた橋下さんのやり方は,やはり,これに似ている。

 私は,橋下さんの今回の一連の活動は,「世間」という言葉を多用して,大衆迎合主義を,堂々と表明しながら,一般大衆の運動力や影響力を実験しているように見えてならない。

 あなたは,橋下さんの歯切れの良さに迎合して,ポピュリズムの「大衆」の一員になっていないか?
 懲戒請求に及んだ3900人の考えを知る由もないが,私は,いろいろ心配してしまう。

 橋下さんの言動を見るにつけ,日本のポピュリズム化が,急速に進んでいることに,かなりの危うさを感じるのである。

 先日も別の記事でも書いた,
    ■不正かどうかを,形式的に簡単に決めつける
    ■悪いとなると,社会全体で一斉に袋叩き(バッシング)する
    ■それが一気に国民的ヒステリーに高まる

という傾向が猛スピードで進行していることに,多くの国民が気が付かなければならない。
 近い将来,我が身に返ってくることなのだから。

          ***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。