上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
News for the People in Japan
という情報発信メディアがあります。
   →http://www.news-pj.net/

 私たちにとって、社会にとって、見逃してはならない重要で有益な情報を、毎日たくさん集めて整理して、発信しているサイトです。
 このHPには、次のような説明があります。

当サイトは、20代、30代を中心とする弁護士、ジャーナリスト、フリーランス、大学教員、学生、主婦などをメンバーとした 「PEOPLE’S PRESS」が運営している市民メディアです。私たちは、日頃取り上げられることが少ない情報も含めて、社会を 「知ル」 ための情報を発信していきます。

 どうやら、若手弁護士を中心に頑張っているグループのようです。
 取り上げている情報の「内容」「質」「センス」が、私のスタンスにも非常に近いように思っていましたが、30代の弁護士も中心にいらっしゃるようですから、なるほどなあ、とうなづけます。

NewsforthePeopleinJapan.jpg

 最近の社会の硬直化、体制翼賛化、監視社会化、ポピュリズム化の主因の一つに報道機関の脆弱化があることは疑いないところです。
 「第4の権力(マスコミ)に期待ができないなら、主権者(市民)みずからが立ち上がって情報発信すればよいではないか!」というたくましいコンセプトは、民主主義の自律性の実践というべき取り組みで、たいへん高く評価できると思います。

 ところで、私のブログも、いつのころからか
    「NPJ お薦め ブログ」
というコーナーに取り上げられるようになっていました。
 NPJの編集者の方に、一方的に感謝していたところですが、どういうわけか、今春より、
    「NPJ お薦め 論評」
というコーナーに移されることになったようです。
 論評のコーナーには、この分野の第一人者のヤメ蚊弁護士さん(=NPJのお一人か?)や天木直人さんのブログもあって、一介のラーメン弁護士に過ぎない小市民ブログとしては、恐縮の極みです。
 せいぜい「論評」といえるような代物を、週に1回程度は書かないとなあと、気が引き締まる思い(重い)です。

(※なお、私は面識はありませんが、ガンジー大山弁護士(あの 「憎いし苦痛美しい国」の作者!)の名回文コーナーは傑作です。いずれも座布団10枚ものです!http://www.news-pj.net/npj/kaibun/index.html

 さて、NPJの発足記念のシンポが予定されているとのことです。
 ここであわせてご紹介させていただきます。
npj2.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。