上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 世界同時株安が止まらない。
 とりわけ,日本の株価の下落は底なしで,欧州や他のアジア諸国よりも,激しく下がっている。
 こりゃあ,たいへんなことだ。
 経済に暗い私でも,かなりの不安を覚える。

 今回の経済不安の発端は,アメリカである。
 にもかかわらず,本家本元の米国を差し置いて,日本が最も激しく転落一途となるのは,どうしてか?

 よく,安全保障の問題で,日本はアメリカ依存の姿勢を改めて,自立すべきだと言われる。
 しかし,現状を見てみると,安全保障よりも,むしろ,経済のフィールドの方が,ずっと米国依存なのではないか。
 親亀(アメリカ)がひっくり返ると,子亀(日本)もコケる,というのでは情けない。

 日本の食料の自給率が低いことは周知のとおり。
 自給率アップは,重要な課題だ。
 では,「経済」の自給率ってあるのだろうか?

 いくら世界がグローバル化しているといっても,やはり経済活動も基本は自給自足であろう。
 日本の経済が,アメリカに依存し過ぎていることが,率先的な株価下落の原因だとすると,
 根本的に検討すべきは「経済の自立性の確立」である。

 一方で,円高も,顕著に進んでいる。
 世界が日本経済に期待を寄せていることの現れともいえる。
 国内経済は空洞化して貧弱だと自認せざるを得ないけれども,
 外の目から見れば,まだまだ期待される存在でもあるのだろう。
 
 中身も,外見も,しっかりした経済大国に復することができるよう,GDP(国内総生産)の向上をはじめ経済の自給自足のあり方を見直す必要がある。
 アメリカ経済依存主義からの脱却が,その第一歩。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。