上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 中村紀洋選手のオリックス退団が大きく報道されています。
 そして,その原因として,代理人交渉を行った点に問題があるとか,代理人自身に問題があるなどという指摘もなされています。

 うちの事務所は中村選手の地元にありますし,中村選手の代理人を務めていた茂木立仁弁護士は,私も親しくしている同期の弁護士ですが,そういうこともあって,他人事とは思えず,今回の交渉過程は関心を持って見ていました。

 どうも世間の認識は,なんかちょっとずれとるなあ,と感じていました。
 何が私の違和感の原因なのか整理をしてみました。

 1つ目は,プロ野球界というのは圧倒的に球団側が強者ですが,強者の側が「決まり」を守らない,ということ。

 2つ目は,これを見守る世間やマスコミも,「決まり」の存在を軽く見ているなあ,ということ。

 3つ目は,プロ野球交渉における「代理人」というのは,相手方のスケープゴードにもなっちゃうんだなあ,ということ。

もう少し詳しく説明します。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。