生活保護の受給者は104万世帯に増えました(2005年11月時点)。

 貧困により暮らしていけない人は,福祉事務所に,生活保護の申請に行きます。
 生活保護の申請があったときは14日以内に生活保護の決定の通知を出さないといけません(生活保護法24条)。

 さて,生活保護を受けたいと思った津久井さんが,福祉事務所に出かけたところ,窓口で説教を受け,申請さえもさせてもらえませんでした。
 さあ!ここでクイズです。
 拒否の理由として,法律上,認められているものは,以下のうちどれでしょう?

 1 「親兄弟がいるんでしょ。まずは親族に援助してもらいなさいよ!」

 2 「65歳以下でしょ。まだ若いんだから,頑張って仕事を探しなさいよ!」

 3 「古くても,住まいは持ち家でしょ。まずは,持ち家を処分してからにしてね!」

 4 「えっ,所持金があるの?所持金が無くなってから来て下さいよ!」

 5 「借金があったらダメですよ。まず先に借金問題を解決してからにして下さいよ!」