上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 憲法9条違反の違憲判決が出ました(名古屋高裁)

 裁判所は,
 「イラク特措法が合憲であったとしても、活動地域を非戦闘地域に限定した同法に違反し、憲法9条に違反する活動を含んでいる」
と述べ,9条違反の違憲性を明確に述べました。

 すごいことです。

 控訴棄却判決なので,原告側も被告側も上告できません。
 だから,これで確定です。
 この「憲法9条違反判決」は,確定した高裁判断となります。

 いよいよ,9条が司法の世界で活かされる場面がやってきたんだ,という感無量の思いを感じます。

 この勇気ある判決を書いた裁判長は,青山邦夫さんです。
 この3月末をもって退官されましたが,修習22期で,ほぼ定年となるまで裁判官一筋で職を全うされたキャリア裁判官です。
 普通の裁判官の感覚が活かされて,このような判決がなされたことにも,一法曹人として,活きた司法の良心を見た思いもします。

 この裁判で,控訴人ら(=市民ら1122名)が提出した控訴理由書は,次のようなコメントで締め括られています(→詳しくはこちらよりどうぞ
裁判所には、司法権の一翼を担う裁判所として、司法審査権の本来の役割を果たし、違憲立法審査権を適正に行使するという立憲主義上の職責を十分に果たした上で、中立公正な立場から判断頂きたい。
 それこそが原審裁判所が幾重にもわたって犯した原判決の誤りを正すことであり、国民の司法権に対する信頼を取り戻すことであり、再び日本が軍事国家となることを防ぐために日本国憲法上、立憲主義上課せられた裁判所の役割である。
 まさにこの刺激的な檄文に対し,正面から応えた判決と言えるのではないでしょうか。

以下,速報記事を引用しておきます。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。