上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまで何度か「ひまわり基金法律事務所」のことをご紹介しました。
   弁護士のいない(少なく)地域に司法サービスを
という考えの下で,日弁連が基金を組んで,法律事務所を置いて弁護士が赴任する,という取り組みです。
(→8月7日のブログ
(→11月22日のブログ
(→11月29日のブログ
(→11月30日のブログ

兵庫県の設置第1号は,丹波篠山地域をエリアとする,丹波ひまわり基金法律事務所ですが,そこの所長の井村華子先生とは一緒に事件を担当するなど,仲良くさせていただいています。

朝日新聞の看板コラム「天声人語」と同じように,各紙にコラムがありますが,
神戸新聞では「正平調」というコラムになります。
(ちなみに,「正平調」という言葉は,「厳正公平に、しかも華麗に表現する」との意味なのだそうです。→参考HP

 井村先生のことが,クリスマスイブの12/24の神戸新聞朝刊「正平調」に取り上げられました。
 御本人は,こんなに大きく取り上げられるなら,もう少し伝えたいことがあった,などとどん欲でらっしゃいますが,何にせよ,こういう取り組みが社会的に注目されることは良いことだと思います。
 司法のサービスが身近になっていっていることを多くの方々に知ってもらいたいと思います。

以下は「正平調」の引用です(→HPはこちら

 通称「ゼロワン地域」と呼ばれる場所がある。弁護士がいないか、いても一人だけという地域を指す。そんな「司法過疎」がいま、全国に約三十カ所もある
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。