憲法改正のための国民投票法案が,いよいよ,この1~2か月の内に成立してしまいそうです。
 今日(3/8)は,形ばかりの公聴会を開催して,強引に通しちゃえという流れです(教育基本法の強行方式と同じです)
 ホンマにえらいこっちゃです。

 「憲法改正のための手続を決める法律なんだから,いいんじゃないの?」
という雰囲気になっています。
 しかし,現在審議中の法案は,はっきり言って,
  悪法
です。
 国民のたった2割(正確には有権者の2割だから,もっと少ない)が動けば憲法をヤミに葬れるという代物です。

 だから,このままノホホンと通してしまったら,日本がえらいことになります。

 この点について,日弁連が(ちょっとキモカワの)マンガのパンフを公表し,どこに問題点があるかを分かりやすく解説しています。
(→こちらの日弁連HPをご覧下さい。
k1.jpg

 あんまりこのパンフが広く浸透しているようにも思えず,もったいないので,以下,これを引用させていただき,問題提起をしたいと思います。

k2.jpg

   ↑
  こちらが国民投票法案をよく知っている憲子(ノリコ)ちゃんです。

  こちらが,問題点を何も知らない憲(ケン)ちゃん(=ほとんどの市民,国民はこちら側ですよね。)です。結構,良いツッコミをします。
   ↓
k3.jpg


 以下続きます。
***応援お願いします***→応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします