上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR福知山線列車事故で,1両目に乗車していて入院10か月の重傷を負った大学生,yamasita.jpg
    山下亮輔くん
が,CDを出しました。

 山下くんは,絶望の淵にあった時、「音楽」の存在で,もう一度生きる勇気を持てたと言います。
 今度は、自分が誰かを励まそうと、自身で書きためてきた詩に、KANTA(長岡弘道)さんが曲をつけたのが,
  「君と歩く道」 
という曲です。


 この詩は,山下くんのオリジナルですが,出だしで,
  ◆今まで当たり前の日々の事が,なくなることで初めて分かる
  ◆誰しも知る事が出来るのに,誰も知らずに知ろうとしない

と語っています。

 何事にも通じる真実だと思います。

yamasitta.jpg
 こういう実に深い言葉を,
   爽やかに,
また,
   さりげなく
語れる山下くんの感性は素晴らしいと思います。
 もちろん,重大な事態に遭遇した体験からこそ導かれるものもあるのでしょう。

 文字どおり「当たり前のことが無くなって初めて分かる」ということなのかも知れません。

 7月7日に,CDのチャリティー販売を記念して,七夕コンサートがありました。

 このコンサートの様子は,
   市民事務局かわにし
のブログ(「よかった~♪『Ryosuke Yamashita七夕ライブ』♪」)で伝えています(→こちらです


***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。