上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は,他人のネタをそのまま流用させてもらいます。
さすが我が同僚。
見事に教育基本法改正劇の舞台裏を突き,キツ~く,アツーく語ってます。

ポイントは,
  「誰がなぜ教育基本法を改正しようとするのか」
  「政府に教育基本法を変える資格があるのか」
  「教育基本法の改正のための十分な議論が行われたのか」

というところです。

以下は徳岡宏一朗弁護士(宮武嶺)が,国会議員宛に送ったメールです。


 教育基本法がいまにも「改正」されようとしています。

 あまり知られていないことですが、今回の教育基本法「改正」の真の目的は文部科学省の権益拡大にあります。「振興」という言葉が自民党の「改正」案に何度も出てきます。
 教育振興計画を教育基本法に盛り込むために、文科省は省をあげてプロジェクトチームを作りました。文科省はこの振興計画に総力を挙げています。当然、予算がつくからです。天下り先も確保できます。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。