昨日,奈良で女児殺人事件で,被告人の小林薫に死刑判決が言い渡されました。

 ◇遺族の心情に配慮するコメント,
 ◇社会不安を強調する立場から「当然の結果だ」とする意見,
 ◇死刑の当否について永山基準(被害者が1人の場合の考え方)を逸脱しているかとか量刑に関する学者の論評,
などが,紙面の中心でした。

 私は,そこのところよりも,弁護人の意見に注目したい。
 弁護団のコメントの中心は,
 「事件の背景や人格形成について,真実に迫っていないじゃないか」
というところにありました。
 つまり,死刑そのものがどーのこーのとか,重いということではなくって,「なぜこんな惨事が起きたのか」という核心や理由にもっと迫るべきだ,というコメントです。
 この点は,一般的な市民感覚からしても,共感できるもっともな意見ではなかろうかと思います(とにかく結論さえ出れば,なんでもいいんだ,という意見とは相容れないですが。)。

 主任弁護人の高野嘉雄先生は,私も修習時代にお世話になりました。
 高野先生は,刑事弁護に精通した弁護士ですが,“黒を白にする”とか“何でもとにかく争う”という弁護活動ではなく,“情状とは何か”を追求していました。