上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一昨日から昨日にかけて,災害復興支援がらみの用事が立て続きました。

1 一昨日は,「能登半島地震の復興を考えるシンポジウム」の総括会議がありました。
 参加団体は,
   復興支援ネットワーク・能登&中越沖
とネーミングして,今後の活動に取り組むことになりました。

 ◆シンポの記事はこちらです(後に引用)

 ◆上記会議のレポートはこちらです(後に引用)


2 昨日は,日弁連で,新潟中越沖地震の対策本部の第一回会議がありました。
 週末に現地入りした会員のレポートがあり,
 今回の地震が,中規模都市型の被害であることがよく分かりました。
 日弁連の会長も,積極的に支援に乗り出したいと,強い決意を語っていました。


3 引き続いて,日弁連の災害復興支援委員会がありました。
 新潟県弁護士会では,24日に,会長声明を出しました。
   ◆声明はこちら(後に引用)
 日弁連としても,早期に被災者生活再建支援法を改正して,今回の一連の災害に遡及適用する意見書を出すことを決めました。
 こちらはあらためてレポートします。


 それにしても,国の施策は3年前の中越地震のときと,ほとんど進歩がなかったことを,日を追う毎に強く感じます。
 地域防災,地域の対処は,前回の件を教訓として,進歩しているのが分かります。
 それだけに,国の基本的施策が,対照的です。
 本当に教訓を生かしているのかどうか,他人事と思っていなかったか。
 先日書いた,新潟県選出の森ゆうこ議員(現在立候補中)と,小泉首相の問答を見れば,政府にやる気がないことがよく分かりますが(→こちらのエントリーをどうぞ),それが招いた人災的要素があることは否定できないでしょう。

 政府の施策の信任を問う選挙まであと3日。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。