上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ただいま,大阪市内の舞洲アリーナに来ています。
 9条世界会議in関西の開催中です。
20080506120939.jpg20080506121606.jpg
 この臨場感をお伝えしたく,レポートします。

 世界会議では,専門家や研究者といわれる方々のお話もたいへん貴重ですけれども,この「in関西」でよかったなぁ~と思うのは,そうではないフツーの人たちの生の言葉でした。

20080506123126.jpg 午後の部の冒頭に,関西の各大学から集まった大学生・留学生6人のスピーチがありました。
 一市民参加者である私は,彼らの率直で飾ることのない心情や見解に,大いに共感を覚えました。
 若者の「平和を愛する大人たちへ,この9条のある国に生んでくれてありがとうございます!」という清々しく溌剌とした叫びに,会場から大きな拍手が送られました。
 (なお,司会の〔神戸としては毎度おなじみの〕小山乃里子さんが,東京の大学生対象のアンケートで,原爆投下日を知っている学生は,わずか4分の1程度だったという話を紹介され,会場がどよめきました。しかし,これに抗するように,良識のある若者が多数いることを知って勇気付けられた次第です。)

 私が今回,参加した最大の目当ては,ベアテ・シロタ・ゴードンさんの講演でした。
 ベアテさんは,言わずと知れたGHQの一員であって,日本国憲法の起草担当班のお一人です。
 ベアテさんは,終始,日本語でユーモアを交えながら,憲法制定当時のご自身の行動,戦後の焼け跡の有様と感想,GHQと日本政府との議論の状況,などをリアルに語ってくれました。
 具体的な内容は,次に箇条書きにすることにして,とにかく「感動」したことをお伝えしておきます。
(昨年の東京新聞のインタビュー記事も引用しておきます。)

 広いひろ~い会場内を2周りしてみましたが,人はギッシリ満員で,行き帰りのシャトルバスも文字通りピストン輸送状態でした。
 これだけ多くの人々が集って来ることに興奮を禁じ得ませんでした。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。