上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正式名称;日本国憲法の改正手続に関する法律
 (→全文はこちら
k3-2.jpg
通称;国民投票法

俗称;壊憲手続簡略化法


が,たぐいまれな悪法だ!,ということはこれまで散々書いてきましたが,早速,その悪法ぶりを発揮しました

マア,まずは朝日新聞の記事(2007年08月17日15時32分配信)を見て下さいよ(→こちらより
国民投票法理由に戦争展の後援拒否 千葉県野田市

 千葉県野田市で市民団体が18、19日に開催予定の「平和のための戦争展」をめぐり、憲法改正の手続きを定めた国民投票法の「公務員による地位利用」にあたりかねないことを理由に、野田市が後援要請を断っていたことが分かった。主催者側は「憲法改正案が発議されてもいないのに、地位利用を理由にするのはおかしい」と納得していない。
k16.jpg
 戦争展は、野田・九条の会や同市被爆者の会などでつくる実行委員会が主催し、市中央公民館で今年初めて開く。広島・長崎の原爆写真や野田と戦争とのかかわりなどについて展示。野田・九条の会も訴えをアピールするという。

 後援申請を受けた野田市は7月、後援しないことを決め、実行委に文書で通知した。
 理由は
 (1)9条改正反対を訴える内容が含まれ、政治的傾向が顕著
 (2)発議可能となる3年後に国会で9条改正が発議されるのは必至で、どのような考えに基づく行事でも後援するのは公務員の地位利用につながる、

というものだった。

 国民投票法は、憲法改正案が発議されてから投票するまでの間、公務員の地位を利用した運動を禁じている。
 ヘンテコな国民投票法ができちゃったせいで,自治体のみなさんも,思いっきりビビッっちゃっているわけです。

 こういうのを,悪法の萎縮的効果といいます。

 まったく効果テキメンで,あきれてしまいます。

 もちろん,野田市の対応は,人情として,萎縮する気持ちは分からないでもないです。
 しかし,法律的に見ても,ちゃんちゃらオカシイわけです。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。