上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝,新潟県と長野県で,震度6強の地震が起きた。

20070716.jpg
現時点(7月16日午前11時50分)では,人的被害のニュースが入ってきていないが,揺れが大きいだけに心配だ。
最小限の被害で止まることを祈りたい。

※現在7月16日午後5時30分。4名の死亡者,400人の負傷者が出ているとの報に接した。
 心よりお見舞い申し上げたい。また,これ以上の被害の拡大のないことを願いたい(写真は共同提供のものを引用)。

この数日間は,台風4号が猛威を振るった。
多数の死傷者も出て,本当に残念に思う。

今年は,台風の襲来が多くなると予想する意見もあり(→こちらの記事
その予想の当否は別として,
自然災害への対策の必要が年々高まっていることは,言うまでもない。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

現在選挙期間中なので,どうしても政策と結びつけてしまうが,
前回の衆議院選(2005.9.11投票)の選挙期間中にも,大きな自然災害があった。
主として宮崎県,鹿児島県などに被害が集中した台風14号だ。
2005年9月6日~7日にかけて上陸し,死者・不明者29名に及ぶ被害
が出た。

しかし,どういうわけか選挙戦で災害対策について,あまり真剣な議論は交わされなかった。郵政一色だった。

sanngiinsouten.jpgその後,被災地には,被災者生活再建支援法の適用があったが,
この被災者生活再建支援法が,使い勝手が悪く,被災者救済の目的を果たせていない
ということは,これまでも再三指摘してきたとおりである。

今回の参議院選では,様々な争点がある。

確かにどれも重要なのだが,私は,
「災害復興,防災対策」について
どれだけ具体的な施策を,被災者の目線に立って実践できるか,
という公約が掲げられるかどうかを挙げてみたい。

この表は,7月10日の神戸新聞の電話アンケートの結果だが,
  「復興,防災対策」
を争点とする,という意見が0.8%しかない,
ということを表している。

被災地神戸の市民でさえこの状況なので,
全国にどれだけこの問題意識が共有されるかは確かに疑問であるが,
この声をあげ続けていかなければ,
一向に改善されないので,あえて私はここを強調したい。


私は,選挙中に襲った自然災害の大惨事を目にしながら,
  「これはこれ,それはそれ」
  「我が事と,他人事は,それぞれ別々」
という姿勢や考えは絶対に取りたくない。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

参考までに,平成17年1月31日の参議院予算委員会の議事録を一部抜粋しておこう。
政府の災害対策に対するおざなりな姿勢が,よく分かるだろう。

    ↓

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。