上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新潟県中越沖地震では,刻々と深刻な被害が明らかになってきており,胸を痛めるばかりである。
 被災地のみなさまに心よりお見舞い申し上げたい。


 さて,今回は,政府の迅速な対応は「やろうと思えばできる」ということを示した。
 新潟中越地震の際の首相の現地入りは3日後,能登半島地震ではなんと3週間後だった。
 それとの対比で見ると,今回は参院選中であるという特別の思惑が働いていたのは誰の目からも明らかであるが,今日はそのことを批判するつもりはない。
 ただ,どのような特別な政治状況にあっても,災害対策については,常に国民の目が向けられているということを胸に刻んでいただく必要がある。


 ところで,災害対策は「事前の防災」「事後の復興」の2本柱である。


 我が国の防災については,現在のところ,耐震補強が政策の中心である。
 柏崎刈羽の原子力発電所では,火災発生,放射能漏れ等の事故が起きた。
 「耐震設計を超える揺れだった」との弁解も出ているが,「想像を超える震動だった」というセリフは,これまでの震災で毎回耳にするフレーズであり,情けないというほかない。
 地震が予想外だったのが問題なのではなく,「予想が甘かった」ことが問題である。

 また,今回の地震の犠牲者は今のところ,家屋倒壊によるもので「家が凶器」になった阪神淡路大震災と同じである。
 民家に対する耐震補強は遅々として進んでいない。

 いかに掛け声ばかり大きくしても,具体的な耐震改修の促進政策を立てなければ,この惨事を減らすことはできない。


 主として言いたいことは,自然災害に対する復興支援の対策である。
 こちらについては,我が国の法システムは,甚だお粗末である。
 まともな法システムが無いと言っても過言ではない。
 その中で,最も被災者が期待する法律が「被災者生活再建支援法」である。
 ところが,これについては種々の問題があり,使い勝手が悪く,直ちに改正すべきである。
 今回の新潟県中越沖地震の被災者が法律の実態を知って失望する前に,改正を宣言するべきである。
 新潟中越地震の時に,被災地・被災者から,何度も何度も改正を求めていったのに,これを冷たく拒み続けた愚を繰り返してはならない。


 この点,防災担当大臣の溝手顕正氏のブログ(→こちら)をみると,
 昨今の災害により未だに生活再建に向けてこの休みも無く、頑張っておられる方も多いと思う。災害を風化させることなく、皆で支援を行っていかなくてはならないと思っている。(中略)
 被災者生活再建支援制度のあり方に関して、有識者の皆による幅広い観点からの審議を通し、検討を進めることとしている。総合的に本法のあり方を検討し、被災者の思いに即した検討を行って行きたいと考えている。
などと,具体的な方策を全く示さず,まるで他人事のようなお気楽な書きっぷりをしているのを見て,少なからず落胆した。

 「有識者に任せる」のも大事だが,為政者としては,それ以前に,明確な方針を示すのが先だろう。

 今回の参院選の各政党の公約を見てみた。
 災害対策について,各党とも一言触れているが,「被災者生活再建支援法」の改正について,触れているかどうかをチェックしてみた。

◆自民党 → 一言も触れていない

◆公明党 → 一言も触れていない

◆民主党 → 「被災者生活再建支援法」について,住宅本体への支援金支給,
       支給限度額の引き上げ,支給要件の緩和などの改正を行います。
       大規模災害に迅速に対応するため,内閣総理大臣の権限を強化
       した「危機管理庁(日本版FEMA)」を創設します。

◆社民党 → 住宅の建築費、購入費又は補修費を支給対象とするとともに、
       支給額を最高500万円に引き上げるよう、被災者生活再建
       支援法を改正します。

◆共産党 → 国の責任で被災者の最低限の生活基盤回復をおこない、すべての
       被災者の自立(再建)を支援することを目的として、被災者生活
       再建支援法の改正案(「くらし復興支援立法案」)を提案して
       います。(→非常に詳細,全文はこちら


 与党が,まともな改正をする気がないことも,初めて知った(非常にガッカリ)。
 安倍氏は「できることしか言わない」と言っているので,「被災者生活再建支援法の抜本改革はやらない」と宣言しているに等しい。

 決して「できないこと」ではない。
 3野党の政策は,現在の国家財政下でも十分実現可能なレベル・内容である。

 今回の被災を目の当たりにして,さらなる政策の充実(与党に対しては政策の転換)と,選挙後の速やかな実行を強く期待したい。


***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。