上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日弁連で,25日に,会員向けの映画試写会が開かれます。
(会員と司法修習生,法科大学院生に限定ですので,一般の方は残念ながら対象外とのことです。)

soreboku.jpg
 その映画は,「Shall we ダンス?」の周防正行監督最新作,
 「それでも ボクは やってない」
です。
(→公式サイトはこちら

 この作品は,“痴漢冤罪事件”をテーマにして,日本の裁判とりわけ刑事裁判制度の問題点を明らかにしよう,というまさに社会派の映画です。
 普通,社会派映画は地味で面白くないものが多いですが,今回は何と言っても,周防監督が手掛けた映画ですし,役所広司や竹中直人といったメンバーも出演とのことで,きっと面白い作品になることに違いないでしょう。

 「刑事訴訟は絶望の淵にある」などと言われます。
 日本で屈指の刑事弁護人の,無罪を勝ち取る6つの条件は「1良い事件,2良い被告人,3有能な弁護士,4有能な裁判官,5無能な検察官,6そして幸運だ」(ちょっと違うかも?)などとのコメントも聞いたことがあります。

 実際に刑事弁護に取り組んでみると,それを実感します。
 
 法律上の建前は「検察官の起訴した事実」に対し「合理的な疑いを入れる余地があれば無罪」ということになっていますが,現実の裁判では,「疑わしい合理性があれば有罪」という感じです。
 というか,「弁護人の行う無罪の主張立証」につき「合理的な疑いを入れる余地があれば有罪」という感じでしょうか。

 A「1人の無辜を救うために9人の罪人を解放するのか」
 B「9人の罪人を罰するために1人の無辜を罰するのか」
という究極の選択に対し,憲法は,答えは「A」としています。
 ところが,裁判実務は,「B」になっているんですよね。
 巧みな理論の積み重ねによって,こんなふうな実務が定着しているのです。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。