上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 身近な司法を実現する「法テラス」が開業して1ヶ月経ちました。

 今日の東京新聞に,
  ◇法テラスは鳴り物入りで登場した
  ◇ところが,法テラス弁護士会の無料電話相談に転送したのに,全然つながらない
  ◇なんと,弁護士会は,パンクするような電話回線しか用意していない
  ◇弁護士会の無料相談体制はなっていない
  ◇無料相談を原則にすべきだ
  ◇ところが,弁護士会は有料相談に回すと言っている
  ◇有料相談などというのはとんでもない
などという記事が出ていました(→HPはこちら。末尾にも引用)

 とんでもない責任転嫁です。

 法テラスでは,本来の事業として,扶助無料相談を行っています。
 つまり,法テラスだったら無料相談が受けられるわけです。
 ところが,法テラスは,極めて限られた予算しか付けていません。
 兵庫県に限って言えば,事実上,これまでよりもむしろ枠が少なくなるような部分があって,まさに「お金がないから,相談はできませんよ」などと言っているにほかならない状況にあります。
(ちなみに,弁護士会にはもともと予算など全くありません。弁護士会は会費で成り立っている団体です。したがって,無料相談を行うとしたら,完全に手弁当になります。市民サービスを維持するためには,どうしても有料にせざるを得ないわけです。)

 要するに,無料相談を実施すべき責任のある法テラスが,やる気がない(=だから予算を付けない)ので,それを怠っているわけです
(ついでに言えば,電話無料相談という法テラスのシステムを作ることも可能ですが,それも行っていません。)
 本気で,法テラスが司法アクセスを改善したいっていうなら,ちゃんとお金を出して(=予算を付けて),ちゃんと考えて(=システムを作って),ちゃんとやって下さい,と言いたい。

 それなのに,あふれた需要を自分のところで処理しきれないので弁護士会に流しておいて,弁護士会の電話がパンクしたから,弁護士会が悪い,などというのは責任転嫁以外のなにものでもありません。

 私は,法テラスの準備に携わったひとりとして,はっきり言って,法テラス担当者という人のコメントには,怒ってます。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。