上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私をはじめ,ブログで自由な発言を展開している諸氏に,注目すべき判決が出ました。

 東京地裁平成20年2月29日判決,いわゆる「ラーメン花月・日本平和神軍事件」です。
 インターネットを通じて,中傷する書き込みをしたとして名誉毀損罪に問われた方に,無罪判決がなされました。

 今,インターネットを通じた発言について,大きな規制法がヒタヒタと忍び寄ってきています。。
 総務省がテコ入れして進めている
    「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」
での議論がそれであり,
    仮称「情報通信法」
が,ブロガーをはじめ,インターネットを利用して表現の自由を行使している人々に対する規制法となるわけです。

 この点については,ヤメ蚊弁護士さんのブログ(⇒たとえばこちら)で再三にわたって警鐘が鳴らされているので,是非,ご覧いただきたいです。

 弊ブログにいつも有益情報を下さるゴンベイさんも,
権利の上に眠る!?自称政治ブロガー
 ネット検索を参考にする限りですが、この判決に関して政治ブログを自称するところでも取り上げているところがほとんど無いように見えるのはどういうわけでしょう。
とコメントされているとおり,これは,明日は我が身と受け止めて,きっちり把握しておくべき判決だと思います。


 結論において,表現の自由を守った判決ですから,主任弁護人の紀藤弁護士さんが「画期的だ」とコメントしているように,拍手を送るべき面があります
(⇒紀藤弁護士のブログはこちら

 他方で,この判決を逆利用して,違法な言動が広がるおそれがないか,という「良識的」な意見も出ているようです。
(⇒たとえば東京新聞記事。 また,これとは違った観点で,小倉弁護士さんは,ネット上の情報の有価値性について,本件判決に警鐘を鳴らしています。こちらより

 私も,紀藤弁護士同様,この判決の結論は,ネット市民の個人的な表現を保護するものですから,支持すべきものだと思います。
 「表現の自由」の特性である「萎縮的効果」のことを考えると,個人の能力の限界を考慮した今回の判決のような考え方は,とても全うだと思います。

 表現の自由の規制は,やろうと思えば,いつでも簡単にできます。
 他国の例や,我が国の過去を取り上げるまでもありません。
 まさに,今,そういう現実が,目の前で「法律」のカタチで,成案化されているのですから。

 だからこそ,
    自由の保障は徹底的に大胆に
    規制はあくまでも慎重・厳格に
という姿勢でなければならないわけです。

 このような配慮を欠いた「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」 の議論や,「情報通信法」の規制は,この判決をしっかり読んで,検討する機会を持つべきです。
 そして,
    個人の表現の自由
の重みを弁えて,規制方法を再考すべきだと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。