上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日から今日にかけて
  日本災害復興学会準備フォーラム
  脆弱な階層・脆弱な地域の復興支援

が開催されていて,私も連日参加しています。
(→チラシは1月10日のブログ「日本災害復興学会の立ち上げ」を参照)

 この本は,今回に際して関西学院大学出版会から発刊された,
 『論・被災からの再生』 と 『先端社会研究第5号 災害復興制度の研究』です。
sentan.jpgron.jpg

 私も,この『論』の方には,「復興基本法のデザイン-法制度案のラフ・スケッチ」という論文を出しています。
 こちらは,またあらためてご紹介します。


 さて,昨日の円卓会議では,「脆弱な階層」と「脆弱な地域」について話し合いが持たれました。
 キーワードは「脆弱(ぜいじゃく)」(=もろくて,弱いこと)です。

 「脆弱な階層」ということで,
・災害支援の制度からつまはじきされて,きちんとした治療さえ受けられなかった外国人。

・実は女性の方が圧倒的に被災死亡数が多いこと。それが,貧困な住居に原因があること。

・震災による負傷で深刻な障害を負ったのに,支援制度がなく放置された障害者の実態。

・孤独死,絶望死が未だに続いている高齢者。

・たとえ5000万円の貯蓄があっても,震災による二重ローンで一気に貧困に転落する中間層。

・震災による困窮のために家庭崩壊が起こること。
などの存在が明らかにされました。
maki.jpg(これは発言者のひとりである夜間高校教師で「よろず相談室」の主催者 牧秀一さんの本です →)

 格差社会によって貧困に陥った弱者を棄民(困っている国民を捨ててしまうこと)する政策に問題点があることは,かねて指摘されています。

 そして,ひとたび震災等の大災害が発生すると,その弱さや脆さ(もろさ)が,強烈に,かつ,著しい形で顕在化するということが,あらためて明らかにされました。

 そして,もうひとつ大切なのは,これが他人事ではないということです。

 つまり,単に貧困層などが「脆弱」なのではなくて,実は大多数の国民が,災害によって二重ローン等に陥れば,一気に多重債務者や家庭崩壊などの危機に面することになります。
 また,家具の下敷きになって障害者になることもあるけれども,支援制度が無いので,やはり深刻な事態に陥るわけです。

 そういうことを考えていくと,これを支えるべき復興支援制度自体が,「脆弱」だというところに行き着くことになるでしょう。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。