上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 改正被災者生活再建支援法が,12月14日付で施行されました。
 先日,能登半島に調査に行った際,仮設住宅にお住まいの方々から話を聞いた際,
  「実際に支給されるまで本当かどうか信じられない」
という率直な思いを口にされていました。
 
 従来の支援法は,
    そこそこに期待だけさせておいて後で激しく失望させる
典型的なシステムでしたが,今回の改正でかなり改善されました。

 ただ,「改善された」と言っているのは,行政政府関係者,法律家,支援者であって,当の被災者本人ではありません。
 実際に役に立つ代物になったのかどうかは,これからの被災者のみなさんの声にかかっています

 このあたりのレポートについては,ライブドアNEWSのフリー記者である渡辺直子さんのPJニュースが参考になります。
(記事中の仮設住宅の談話の写真には,私も小さく出ています。)

◆10/20 市民の支援サポート探すため第2次調査へ=復興支援ネットワーク・能登&中越沖
 http://news.livedoor.com/article/detail/3352431/

◆12/13 市民の支援サポート探すため第2次現地調査実施
 http://news.livedoor.com/article/detail/3427882/

◆12/18 「頑張ってます!能登半島」穴水町の仮設住宅の人たち
 http://news.livedoor.com/article/detail/3433486/

◆12/22 「支援金の支払いは、3~4ヶ月後の見通し」と能登・穴水町役場
 http://news.livedoor.com/article/detail/3440770/


sienho-pabukome.jpg もう一つお知らせしておきたいことがあります。

 この法律の改正に当たって,今年の8月末から9月初旬にかけて,パブリックコメントの募集が行われました。
 私も,例文を作るなどして呼び掛けさせて頂きました(たとえば,8月30日の記事など

 結果,このパブコメが全部で90通届いたそうです。
 そして,現在,その全ての全文がこのとおり公開されています。
 (→こちらのページの,「意見募集の結果(意見提出者別の意見)(PDF:198KB) 」というのをクリックすると,全71頁がダウンロードできます。ダウンロードはココ

 私の作った例文を利用して下さった方も少なからずいらっしゃるようです。
 ありがたいことです。
 呼び掛けに応えて下さったみなさんに,お礼を申し上げたいと思います。
 ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。