上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 5月1日(火)~5月2日(水)にかけて,能登半島に行って来た。
 能登半島地震の被災地に赴いて,現場を直接見て,被災地の状況を把握し,法律相談を実施することが目的だ。

 行程は,
  5/1が  金沢→穴水町→門前町→金沢
  5/2が  金沢→門前町→輪島市→金沢

というルートで,たいへん窮屈だった。しかし,得られたものは多かった。

 被災状況をお知らせするのも一つだが,私は,まず,あえて,
     風評被害を無くそう!
というコンセプトの下,能登半島の観光案内をしたいと思う。
(お堅い内容は,またあらためてお伝えします。)

anamizu1.jpg

 まず,穴水町は,駅前の商店街が軒並み倒壊し,商店街は機能していなかったが,既に,復興の息吹は芽生えていた。
 商店街のど真ん中には,テントが張られていて,商店街の店主のみなさんが集まり,穴水の情報発信をしていた。

 そこにいた橋本公生さん(写真の左端の白いジャンパーの大柄の方)は,穴水駅前の「幸寿し」の店主さんだ。
 旧店舗の建物は,一応倒壊しないで建っているが,とても商売できる状況にはないとのことである。仮設店舗を建てて,営業再開の準備を始めているという。テント内に間取り設計図が掲げてあった。
 この立ち直る活力こそが,復興の源。

 さらに,橋本さんはブログもやっていると聞いた。しかも,レンタルサーバーで既成のテンプレートを使うのではなく,一から自分で全部作っているという。すごい。
 早速検索したので,ここに紹介をさせていただくことにする。
kouzusi.jpg

 後で地元の弁護士に聞いたところ,「あそこの寿司はうまい。一度食べてから,生ゲソなどはヤミツキになった。」と太鼓判。
 復興したら私も一度行ってみようと思う。ただ,取り寄せは今でもOKとのことなので,みなさんよろしく。

 すぐ横には,イズミヤという靴屋さんがある。この商店街の中にあって,大きな被災は免れたようだった。
 ちょうど雨がパラパラ降ってきたので,傘を買おうと思ったら,お店の女主人さんが,「まあまあ,入って行って。お茶でも飲んで行って。」と声をかけられた。
 中に入って30分程度だったろうか,色んな話を聞かせてもらった。
 能登名物の銘菓も食べさせてもらった。
 何よりも,元気で明るい声が,店内に響きわたるのがよい。

morisoba.jpg

 食事は,穴水商店街をちょっと北上したところにある
   「もりそば」
で食べた。ここで,かけそばと,いなり丼を喰ったのだが,美味かった。テーブルに囲炉裏がついているのも何とも言えない。
 穴水町の商店街も,いくつも店先は空いている。

 震災当日は,なんでも「牡蠣まつり」の準備の真っ最中だったそうだ。
 まちの賑わいの中心となるのは,商店街だ。商店街に活気がないと,なかなか元気は取り戻せない。
 お客になることで,一つの貴重な復興支援になる。

 門前町の被災程度はかなりひどいが,それでも中心となる総持寺は開門している。
 有名な蕎麦屋(「手仕事屋」)や,土産店もオープンしている。

 輪島市などは,損壊家屋をいち早く解体撤去したそうだ。観光産業の早期復活のためだ。だから,まちそのものは,少々の空き地は残っているものの,全体として,平常のまちなみを取り戻したように見える。
 輪島の朝市も完全に復活していた。旅館もウェルカムである。
 「能登半島応援 格安バス運行 大阪-石川往復1000円」などというのも始まった(→記事はこちら)。もちろん赤字覚悟で行う,大キャンペーンだ。

 誰でも出来る復興支援の一つの形だ。是非,能登半島へ!

応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。