一日前プロジェクト、というのを知っていますか?
昨日、ブログの左の「最新ニュース」に出ていて、初めて知りました。

1nitimae.jpg


こちらです。
「災害の一日前に戻れるとしたら、あなたは何をしますか」
と、地震や水害などの被害に遭われた方々に問いかけました。
「タンスがあんなに簡単に倒れてくるなんて思わなかった。」
というお話や、
「家族と連絡が取れずとても不安だった。」
というような体験談から、私たちは何かを学びとることができるでしょう。
というのが、内閣府の「災害被害を軽減する国民運動のページ」に出ています。

これはなかなか実際的で、想像力を育て、役に立つ取り組みだと思います。

災害・防災の教育は、どれだけ具体的に事態を思い描けるかという想定力が本質だと思います。
そういう意味では、こんな取り組みが各所で行われるのは、よいことだと思います。
この物語やイラストは自由に活用していただいてかまいません。

企業の「社内報」や地域での「広報」にコラムとして掲載していただくなど、幅広く活用していただくことを期待しています。
とのことです。
 早速、私もお知らせさせていただきました。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします