上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR福知山線列車事故に関して,国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会が,
  来る2月1日
に意見聴取会を開きます。
(→HPはこちら

要するに,
  事故調査委員会が,最終的な報告をまとめる前に,みなさんの意見をお聞きしましょう
ということです。

この意見聴取会で意見を述べる人を
  「公述人」
といいます。公述人は,申込み制になっています。

そして,公述人の要件は,
  「当該鉄道事故の関係者又は学識経験のある方に限ります」
とされています(→事故調査委員会のHPより

その公述人を誰にするのかが,明日24日にも決定する予定です。

注目をしたいのは
   遺族・負傷者ら
を公述人に選ぶかどうかという点です。

常識的に見れば「当該鉄道事故の関係者」という要件に該当しそうですが,過去に7回行われた意見聴取会の中で,遺族の公述が認められたのは1回だけ(中華航空機事故)なのだそうです。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。