上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『原子力基本法』は,わが国の原子力政策の憲法です。

 そういう大事な法律が,こそこそと秘密裏に改定される動きを知りました。



『原子力基本法』は,戦後間もないころに作られました。
 原爆の惨禍が生々しいころでしたから,原子力を軍事利用しないようにという気持ちを込めて,「民主」「自主」「公開」の3​原則を基本方針にしました。

 ところが,6月15日(金)に衆議院に上程された法案(「原子​力規制委員会設置法案」)では,この基本方針に,
     『我が国の安全保障』
という文言を加えることになりました。

 驚いたのは,三党合意ができていたため,それがほとんど議論さ​れないまま可決され,即日通過してしまったことです。


 この改正でどうなるのか?
 原子力利用の目的に,軍事利用も含まれることになるわけで,原子力基本法がくるっと後ろ向いた,180°方向転換ということに​なるわけです。

 このことで何が問題か?
私の原子力政策に関する主義主張とは関係なく,法律家として,3つの点で大きな問題があると思います。

 第1に,「こんな大事なことを,ちゃんと議論もせずに,ドサクサまぎれに,こそっとやったらあかんやろ」(=国民的議論の欠如​)ということです。

 第2に,「細かな法律の“附則”なんぞで,「基本法」のような大事な法律の魂の部分をひっくり返すようなことしたらあかんやろ​」(=法秩序の破壊)ということです。

 第3に,「被災地も日本全体もたいへんなときに,軍事利用だとかを考えてる場合じゃないやろ」(=社会状況の無視)ということです。


 もし,このような法改正が実現すれば,「安全保障」の名の下に​,ますます「非公開」がまかりとおることになります。

 だいたい,こうした改正は,アメリカの外圧が背景にあるはずで​,なんとも情けないです。

 何より,国会と言う場で議論をせずに,非公開の自・公・民の三党合意で何でもかんでも法律を通してしまうやり方は,民主主義を馬鹿にしています。
 
 先週逝去した日隅一雄さん(ヤメ蚊弁護士)は,
   「主権者」は誰か--原発事故から考える(岩波ブックレット)
の中で,
 

「私たちが主権者として振る舞うために,「思慮深さ」を身につけたうえ,積極的に政治に参加していかなければ,この国は変わらず,また取り返しのつかない「何か」が必ず起こるだろう。」


と予言されていたが,早速,こんな事態が起きて,日隅さんも怒っていることでしょう。



 なお,もう少し詳しく説明しますと,仕組みは以下のとおりです​。

(1) 『原子力規制委員会設置法案』は,以下のとおりです(衆​議院のHPです。)
    ↓
http://www.shugiin.go.jp/​itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/​houan/g18001019.htm

(2)  『原子力規制委員会設置法案』の附則12条には,次の​とおりの条項があります。
 (原子力基本法の一部改正)
第12条 原子力基本法(昭和三十年法律第百八十六号)の一部を​次のように改正する。
(中略)
  第二条中「原子力の研究、開発及び利用」を「原子力利用」に​改め、同条に次の一項を加える。
 2 前項の安全の確保については、確立された国際的な基準を踏​まえ、国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国​の安全保障に資することを目的として、行うものとする。

(3) この改正で,次のようになります。

■原子力基本法 (現行)
第2条  原子力の研究、開発及び利用は、平和の目的に限り、安全の確保​を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、​その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。
     ↓
(改定案)
第2条  原子力利用は、平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主​的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し​、進んで国際協力に資するものとする。
 2 前項の安全の確保については、確立された国際的な基準を踏​まえ、国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国​の安全保障に資することを目的として、行うものとする。

■ついでに,『核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律』の第1条も,次のように改定することになりますが,文言だ​け見ても,かなり,アブナイ領域に足を踏み込んでいるような気が​します。
(現行)
第1条  この法律は、原子力基本法 (昭和三十年法律第百八十六号)の精神にのつとり、核原料物質、​核燃料物質及び原子炉の利用が平和の目的に限られ、かつ、これら​の利用が計画的に行われることを確保するとともに、これらによる​災害を防止し、及び核燃料物質を防護して、公共の安全を図るため​に、製錬、加工、貯蔵、再処理及び廃棄の事業並びに原子炉の設置​及び運転等に関する必要な規制を行うほか、原子力の研究、開発及​び利用に関する条約その他の国際約束を実施するために、国際規制物資の使用等に関する必要な規制を行うことを目的とする。
     ↓
(改定案)
第1条  この法律は、原子力基本法 (昭和三十年法律第百八十六号)の精神にのつとり、核原料物質、​核燃料物質及び原子炉の利用が平和の目的に限られることを確保するとともに、これらによる災害を防止し、及び核燃料物質を防護し​て、公共の安全を図るために、製錬、加工、貯蔵、再処理及び廃棄​の事業並びに原子炉の設置及び運転等に関し、大規模な自然災害及​びテロリズムその他の犯罪行為の発生も想定した必要な規制を行うほか、原子力の研究、開発及び利用に関する条約その他の国際約束​を実施するために、国際規制物資の使用等に関する必要な規制を行い、もつて国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資することを目的とする。



これから参議院で審理が始まります。衆議院ではうっかり見過ごし​てしまいました。
こんどは要注目です。
スポンサーサイト
 まだ1か月以上先になりますが,岩波書店の新刊案内(→こちら)に,現在執筆・校正中の『大災害と法』の案内が出ました。
 いよいよ現実的に発刊の運びとなるようで,たのしみです。
 よろしくお願いします。

iwanami7gatu.jpg
 ヤメ蚊さんこと,弁護士の日隅一雄先生が,6月12日午後8時28分,永眠されました。

 昨年5月25日,末期ガンで余命半年の告知を受けたにもかかわらず,それ以降も精力的にご活動され,
   『検証 福島原発事故・記者会見―東電・政府は何を隠したのか』   
などを発刊されました。

■TBSのドキュメンタリー『報道の魂』は,来る6月17日深夜,「バッチとペンと~日隅一雄の闘い~」を放送するとのことです。
 必見です。
(番組案内を末尾に添付します)
         ↓
http://www.tbs.co.jp/houtama/

hisumi.jpg

 





 今,私は,先生の遺された数多くのメッセージを,ひとつひとつ確認しなければ!という思いがあふれてきて,止まりません。

 ヤメ蚊さんとは,ブロガーとして交流をさせていただきました。
 その中で,ヤメ蚊さんからは,数知れない心地よい刺激と,在野人としての矜持と,尊敬すべき言葉の数々を,頂戴してまいりました。
 私は,何もお返しすることができず,忸怩たる思いが募ります。
 
 おそらくヤメ蚊さんの最後の著書であろう
    「主権者」は誰か--原発事故から考える(岩波ブックレット)
は,表紙に,

 「なぜ国民はこれほどまでにないがしろにされたのか 「主権在官」を打破し,私たちの社会をつくるために」


とあります。

 この著書は,戦後直後の文部省教科書『あたらしい憲法のはなし』をふんだんに引用し(←よくぞ,書いてくれた!という思いです。),最後に次のように締め括っています。

 「私たちが主権者として振る舞うために,「思慮深さ」を身につけたうえ,積極的に政治に参加していかなければ,この国は変わらず,また取り返しのつかない「何か」が必ず起こるだろう。」



 ヤメ蚊さんのメッセージを,たいせつに,たいせつに,していかなければなりません。
 その一つひとつの言葉に,ヤメ蚊さんの命を賭けた重みが込められているのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■日隅先生のブログです。
 本当に多くの学びを得ました。
      ↓
新)http://yamebun.weblogs.jp/my-blog/
旧)http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005


■日隅先生のツイッターです。
 最後のツイートは,ほんの3日前(6/10)でした。
      ↓
https://twitter.com/#!/yamebun


■日隅先生が編集長を務めたNPJのページです。
 私のブログもちょくちょくお世話になりました。
      ↓
http://www.news-pj.net/index.html
※NPJ日隅一雄編集長は、6月12日午後8時28分がん性腹膜炎で亡くなりました。
 末期癌の告知を受けてからも病を乗り越えて発言と活動を活発に行ってきましたが、12日から急速に容態が悪化し、本日ご家族と親しい友人たちに見守られながら他界しました。
 まだなにかを語りかけているような最後の表情が印象的でした。
 暖かいご声援に心から感謝もうしあげます。ありがとうございました。
 2012.6.12 NPJ代表 梓澤和幸  事務局長 田場暁生


■日隅先生の著書です
 あらためて読み直さなければなりません。
      ↓
◇「主権者」は誰か――原発事故から考える (岩波ブックレット)

◇検証 福島原発事故・記者会見――東電・政府は何を隠したのか(岩波書店)

◇自由報道協会が追った3.11 (扶桑社)

◇マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか? 権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰する(現代人文社)

◇審議会革命―英国の公職任命コミッショナー制度に学ぶ(現代書館)




=================


TBS「報道の魂」6/17の予告(http://www.tbs.co.jp/houtama/)より
          ↓

日隅一雄。49歳。弁護士。元新聞記者。そして末期がん患者。福島原発事故発生後、日隅一雄は東京電力の記者会見に連日出席して、事故を過小評価しようとする東電や政府の幹部らを質してきた。弁護士と記者、両方の経験を持つ日隅の質問は鋭く、汚染水の海上放出、低線量被爆問題など、市民生活に直結する問題について、厳しく情報開示を迫った。

そんな日隅が腹部に異常を覚えたのは震災から2ヶ月経った2011年5月末のこと。医師による診断の結果、胆嚢にできた悪性腫瘍が大腸に転移したいわゆる末期ガンの状態で、余命半年であることを告げられた。

運命を悟った日隅は決意する。東電記者会見を通して見えてきた、この国の有り様を世に問い、社会に問題提起してゆこうと。弁護士と記者、両方の経験を持つ自分にだからこそ出来る「ニッポンの総括」をしようと。

余命告知後も日隅は、体調の許す限り東電記者会見に出席し続けた。精力的に講演活動などもこなした。そして余命宣告の半年を過ぎた頃に『検証・福島原発事故 記者会見』『主権者は誰か』といった著書を次々に発表してゆく。

番組は、そんな日隅一雄に密着した記録である。法律家であり同時にジャーナリストである日隅が、時に弁護士バッヂをつけ、時にペンを持って活動する日々を追った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。