上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじめって,どういう意味なんでしょうか。

 以前に,ある事件を通じて,調べたことがありますが,意外と言葉にするのが難しいのです。

 Hatenaによれば,
「自分より弱い立場にある者を、肉体的・精神的に苦しめること」
とあります。

 ウィキペディアによれば,
「立場の弱い個人や集団に対して、精神的にあるいは肉体的に苦痛を与える行為」
ということだそうです。

単に「苦痛を与える行為」というだけではなく,
  「立場の弱い者に対して行う」
というところがポイントだろうと思います。
ある県の教育委員会の見解によると,もう少し難しい定義です。

「対等な関係のなかでそれぞれの役割が交互に交代しながら,単発的に行われる『あそび』,『けんか』 ,『ふざけ』などとは異なって,片方が一方的かつ継続的に,暴力などによって直接身体に攻撃を加えたり,ことばや動作などによって心理的な攻撃を加えることにより相手が深刻な苦痛をじているもの」

これを「いじめ」というのだそうです。

言葉としては,「強者・弱者」という区別はないですが,
  「対等の関係ではない」
というところに,やはりポイントがあるようです。

強者と弱者が生成されるところに,いじめの原点があるということでしょう。

完全に平等な世の中が現実的にはあり得ないのですから,
いじめのない社会というのも,なかなか無くならないのもうなずけます。

競争社会は,勝ち組(強者)と負け組(弱者)の格差を広げるわけですから,
再チャレンジして失敗すればするほど,敗者の屈辱感は高まり,地位は固定しますから,
これからの世の中は「いじめ」がますます増えるのではないかと心配です。


クリックして下さい

クリックして下さい
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/108-db8b9c26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。