上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私も知らないことでしたが,
 アメリカ
 イギリス
 ドイツ
などには,教育基本法がないそうです。

ですから,もちろん「国を愛する義務」などというものも規定されていません。

ネタ元は,文部科学省の教育基本法資料室(←HPはこちら)です。

ほかにも,フランス,中国,韓国,ロシアなどの教育基本法も紹介されていますが,愛国心規定などなさそうです。

ここで,日本の教育基本法に「愛国心」など盛り込んだら,北朝鮮なみのナショナリズム国家と思われませんかね?
最近は,韓国の法律に学ぶところが多いです。
韓国は,民主主義を,自らの手で勝ち取った現代的な民主国家です。
したがって,各分野で,現代の感覚にマッチした法体系が作られているようです。

だきほどの教育基本法資料室によると,韓国の教育基本法は次のような内容だと説明されています。

【教育基本法の主な内容】
教育理念
学習権の保障
教育の機会均等
教育の自主性・専門性の保障
教育の中立性
義務教育、学校教育
社会教育の奨励
英才教育、科学技術教育、教育の情報化など特別な教育への支援

全くうなずける良い内容ですよね。
日本の現行教育基本法も,ほとんどこれと同じ構成です。

既に,このような先進的な教育基本法を,60年前に備えた我が国は,愛するに値する国です。
これを,逆行させるというのは,どういうことなのか理解に苦しみます。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/111-9b361e8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。