上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は3つのお知らせがあります。

1 まず一つ目ですが、
 紙芝居 ももちゃんは一年生 ~教育基本法「改正」を考える
のHPが完成しました。
 →http://lunatique.fc2web.com/06kyouiku/

momo.jpg

 作画者の姉川真弓さんの作品です。
 去る11月22日に兵庫県弁護士会で開催された「教育基本法『改正』を考えるシンポジウム」で上演された紙芝居のWEB版です。
 教育基本法が改正されると学校はどんなふうになるのかを描いた作品です。
 みなさんに広めていただければ幸いです。リンクフリーですので、どうぞごひいきに。

2 二つ目は、本日12月12日4時半からの集会の案内です。
 今週は参議院の最終週で14日(木)にも国会前集会が予定されていますが、それに向けての大きなうねりの第1歩です。
 本日は、大内裕和さんも、中央公聴会の公述人として国会で発言をする予定です。大内さんから届いたメールを後に引用しておきます。

3 三つ目ですが、これらの動きを後押しすべく、本日、兵庫県弁護士会から3人の刺客・論客が国会に向かいます。
 教育基本法改正問題連絡会のメンバーである精鋭3名(渡部吉泰弁護士、徳岡宏一朗弁護士村上英樹弁護士)が国会に乗り込み、直接、議員要請を行ってきます。
 議員の良心に対する直接の働きかけです。
 兵庫県内の議員事務所への要請はこれまでも行ってきましたが、今日は、議員に直接訴えかけるため、とにかく乗り込んでお話をして来ようというものです。
 ちょうど、先日ご紹介した池田大作氏の発言(→12月10日の「教基法~創価学会名誉会長の意見」はこちら)などをきっかけに、公明党山下栄一参議院議員の教育改革に関する政策提言なども紹介され(→山下議員の提言HPはこちら)、与党公明党の議員さんたちへの働きかけも重要だと指摘されています。
(→末尾に公明党の議員さんたちの連絡先を掲載しておきます)

 そんな中、地方からの声を直接届けて、何らかの突破口にしたいという思いで、3人は集会にも参加します。

 さて、さきほどご紹介した大内裕和さんからのメールを、以下引用します。
 思えば、今年の初めに大内さんの講演を聞いたのが私の現在の活動の一つのきっかけになっています。
 講演で大内さんから何よりも強く感じたのは「元気」「行動」でした。
 「教育」という「理想」「実学」の融合をきっちり実現していくには、やはり元気と行動は欠かせないのだろうと、あらためて感じます。
 今日の大内さんの国会内の公述にも注目したいです。
(→国会の様子はここで動画中継で見る事が出来ます。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/today/index.php



<緊急の呼びかけ>
教育基本法の改悪をとめよう!12・12国会前集会に、今度こそ一万人の結集を!
                   2006/12/10
                   大内裕和


  「教育基本法の改悪をとめよう!12・5国会前集会」は、これまでで最多の
2000人以上の人々が参加し、教育基本法改悪阻止を訴える集会として大成功
しました。この集会の成功によって政府・与党による12月7日~8日の参議院で
の採決を阻止することができました。

  12月11日(月)から臨時国会最終週となり、政府・与党は今週中の採決を狙って
います。教育基本法「改正」が安倍政権の「最重要課題」である以上、政権の命運
をかけて採決を行おうとするに違いありません。これまで以上の闘いがなければ、
改悪を阻止することは容易ではないでしょう。
 
 安倍首相は急遽外遊予定を変更し、12月10日(日)に帰国しました
 11日(月)に参考人質疑が行われ、12日(火)に中央公聴会が行わることから、13日(水)にも特別委員会での採決が行われる危険性があります。
 よって12日(火)の院内集会と国会前集会は最も重大な時期に行われます。
   
 私は12日(火)の午後、参議院での中央公聴会に公述人として参加し、この12・12院内集会と国会前集会にも参加します。
 全国の皆さんに、「教育基本法の改悪をとめよう!12・12国会前集会に今度こそ1万人の結集を!」呼びかけます。
 教育基本法改悪に反対するすべての労働者・市民の皆さん!「教育基本法の改悪をとめよう!12・12国会前集会」への参加をぜひともよろしくお願いします。
 ここを乗り切って12・14国会前集会につなぎましょう。

 今日(12月10日)、「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」呼びかけ人は「12・12&12・14国会行動参加の呼びかけ」を発表しました。
 一人でも多くの方、一つでも多くの労働組合・市民団体への連絡をどうぞよろしくお願いします。
 
 
 ========================
教育基本法改悪に反対するすべての皆さんへ
          12・12&12・14国会行動参加の呼びかけ

「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」呼びかけ人
         大内裕和、小森陽一、高橋哲哉、三宅晶子
http://www.kyokiren.net
========================


 12月7日(木)~8日(金)に政府・与党による教育基本法「改正」法案の
採決が行われる可能性が高いというマスコミ報道がありましたが、政府
「改正」法案の採決はまだなされていません。それは国会内における野
党の抵抗とともに、全国各地で広範に展開された教育基本法改悪反対
運動の盛り上がりによるものです。
 

 「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」が12月3日(日)から呼
びかけた「子どもたちは見ている!!全国ツツウラウラ同時行動」によ
って、教育基本法改悪反対運動は活気づいています。特に全国連絡会
が主催した12月3日(日)の「教育基本法『改正』法案を廃案にしよう!
12・3 PEACE&FAIRパレード」と12月5日(火)の「教育基本法の改悪を
とめよう!12・5国会前集会」は、この間の運動を大きく活性化させる意
味をもちました。

 「12・3 PEACE&FAIRパレード」は、現在社会や政治に関わる活動を
行うことが容易ではない若い世代によって行われたものでした。パレー
ドには注目が集まり、マスコミでも大きく報道されました。 また「12・5国
会前集会」は、これまでで最も多い2000人を超える人々が参加し、教育
基本法改悪阻止を強く訴える、熱気ある集会として大成功しました。こ
れらの運動は12月6日(水)~8日(金)の国会前行動や全国各地の運動
に大きな刺激を与えるものでした。 こうした運動の力によって、政府・与
党が狙っていた12月7日(木)~8日(金)の参議院での採決を阻止するこ
とができたのです。

 12月11日(月)から、臨時国会の会期最終週の審議が始まります。12月
11日(月)には参考人質疑、12月12日(火)には中央公聴会が行われ、参
議院での採決の危険性が最も高まることとなります。教育基本法改悪反
対運動を一層盛り上げ、改悪阻止のための最大の行動を起こすべき時
です。

 「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」は、12月12日(火)には
恒例の国会前集会を行うとともに、教育基本法改悪阻止の声を直接国
会内に届けるために院内集会を行います。そして参議院での採決のヤ
マ場となることが予想される12月14日(木)に、緊急国会前集会を行い
ます。 教育基本法改悪を阻止できるかどうかは、「教育基本法「改正」
法案成立確実」というマスコミ報道に惑わされたり、決してあきらめたり
することなく、私たちがここでどれだけ力を合わせられるかにかかって
います。今週の闘いが決定的に重要です。

 「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」が主催する12・12&
12・14国会行動に、全国からのご参加をぜひともよろしくお願いします。


<全国連絡会 今週のスケジュール>
■教育基本法の改悪をとめよう!12・12院内集会
日 時:2006年12月12日(火) 16時半~17時半

場 所:参議院議員会館第1 会議室(地下鉄「国会議事堂前」「永田町」すぐ)
発 言:国会議員のみなさん
    全国連絡会呼びかけ人
     大内裕和(中央公聴会公述報告)
     小森陽一、高橋哲哉、三宅晶子
    全国各地から

■教育基本法の改悪をとめよう!12・12国会前集会
日 時:2006年12月12日(火) 18時~19時

場 所:衆参両議員会館前(地下鉄「国会議事堂前」「永田町」すぐ)
発 言:国会議員のみなさん
    全国連絡会呼びかけ人
     全国各地から

■教育基本法の改悪をとめよう!12・14国会前集会
日 時:2006年12月14日(火) 18時~19時

場 所:衆参両議員会館前(地下鉄「国会議事堂前」「永田町」すぐ)
発 言:国会議員のみなさん
     全国連絡会呼びかけ人
     全国各地から
 
■廃案においこもう!座り込み
日 時:2006年12月14日・15日 9時~17時

場 所:参議院議員会館前
参 加:どなたでも参加できます。全国連絡会呼びかけ人も、
     可能な限り参加します。
 
●その他、くわしいスケジュールや緊急行動、全国のうごきは、
  ホームページ「あんころ」をご覧ください。
   http://www.kyokiren.net 教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会




********* 参考 **********
衆議院公明党
        電話    ファックス
赤羽 一嘉 3508-7517 3508-3947
赤松 正雄 3508-7112 3508-3412
池坊 保子 3508-7090 3508-3870
石井 啓一 3508-7110 3508-3229
石田 祝稔 3508-7472  
伊藤 渉 3508-7018  
井上 義久 3508-7474 3508-3354
上田 勇 3508-7284 3508-3734
漆原 良夫 3508-7149 3508-3939
江田 康幸 3508-7339 3508-3339
遠藤 乙彦 3508-7224  
大口 善徳 3508-7017  
太田 昭宏 3508-7186 3592-1019
神崎 武法 3508-7225 3503-2388
北側 一雄 3508-7473 3592-6655
斉藤 鉄夫 3508-7308 3501-5524
坂口 力 3508-7187 3508-3617
佐藤 茂樹 3508-7200 3508-3510
高木 美智代 3508-7630  
高木 陽介 3508-7481 5251-3685
谷口 和史 3508-7514  
谷口 隆義 3508-7068 3508-3848
田端 正広 3508-7227 3508-3227
富田 茂之 3508-7052  
西 博義 3508-7389 3508-3509
東 順治 3508-7249 3508-3519
福島 豊 3508-7488 3508-3368
冬柴 鐵三 3508-7228 3502-5873
古屋 範子 3508-7629  
桝屋 敬悟 3508-7489 3508-3369
丸谷 佳織 3508-7089 3508-3869

参議院公明党
    電話     ファックス
荒木 清寛 3508-8427  
魚住 裕一郎 3508-8625 5512-2625
浮島 智子 3508-8627  
風間 昶   3508-8240 5512-2240
加藤 修一 3508-8515 5512-2515
草川 昭三 3508-8202  
木庭 健太郎 3508-8723  
澤 雄二 3508-8730  
白浜 一良 3508-8704 5512-2704
高野 博師 3508-8624 5512-2624
谷合 正明 3508-8208  
遠山 清彦 3508-8203 5512-2203
西田 実仁 3508-8535  
浜田 昌良 3508-8731  
浜四津 敏子 3508-8306 3593-0134
弘友 和夫 3508-8442 5512-2442
福本 潤一 3508-8727 5512-2727
松 あきら 3508-8610 5512-2610
山口 那津男 3508-8310 5512-2310
山下 栄一 3508-8622 5512-2622
山本 香苗 3508-8319 5512-2319
山本 保 3508-8507 5512-2507
渡辺 孝男 3508-8733 5512-2733

公明党本部の電話番号と公明新聞のファックス、e-mail
03-3353-0111(大代表)
03-3225-0207(公明新聞ファクシミリ通信)
info@komei.or.jp

●参考:創価学会の諸活動への意見
 http://www.sokanet.jp/sg/sn/Page/1162085001445





クリックして下さい

クリックして下さい
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/173-ffc874a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。