上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日弁連の取り組みを、もうひとつご紹介します。
 1月13日(土)開催のシンポジウムです。

 思想・良心の自由の現代的意義を考える
 -学校現場における「日の丸」・「君が代」強制問題をめぐって-


 東京での開催ですから私は出席できませんけれども、なかなか扱いの難しいテーマを正面から取り上げるもので、意欲的で骨太の企画だと思います。

メインの講演の野田正彰さん(関西学院大学教授)は、
  「喪の途上にて―大事故遺族の悲哀の研究」
の筆者でもあります。
 この本は、信楽高原鉄道事故の被害弁護団の活動の出発点にもなったものですが、野田先生の関心領域は、
  「思想良心の自由」
にもあるということで、何か通ずるものがあるのかも知れません。
(→HPはこちら

思想・良心の自由の現代的意義を考える
-学校現場における「日の丸」・「君が代」強制問題をめぐって-

 1999年に国旗・国歌法が成立した際の国会の審議過程において、政府委員も答弁していたとおり、国旗・国歌という国のシンボルとどのように距離を保つのかは、各個人の思想・良心の自由に深く関わる問題です。
 しかしながら、今日、学校教育の現場においては、「日の丸」・「君が代」の強制の度合いが一層強められていると伝えられています。

 例えば、東京都においては、2003年10月23日付通達により、都立学校の入学式、卒業式等の際に、校長がすべての教員に職務命令を発するよう一律の指導がなされ、その結果、国歌斉唱時に起立しなかった等という理由で、延べ300名を超える教職員が懲戒処分に処せられたと報道されています。

 このシンポジウムでは、「日の丸」・「君が代」の強制が学校教育にもたらす影響について、現場の教師の治療を続けてこられた精神科医である野田正彰さん(関西学院大学教授)の講演をお聞きするとともに、憲法学者の西原博史さん(早稲田大学大学院教授)ほか、多方面からパネリストの方々をお招きした上、思想・良心の自由の現代的意義を議論し、理解を深めたいと考えています。

 みなさま、ぜひ、ご参加ください。

日時 2007年1月13日(土)13:00-17:00(開場12:45)

場所 弁護士会館2階 講堂クレオ
東京都千代田区霞が関1-1-3
(地下鉄霞ヶ関駅B1-b出口直結) (会場地図)

参加費等 無料・事前申込不要

内容(予定)
基調講演
「日の丸」・「君が代」強制と「させる教育論」
 野田 正彰氏(精神科医・関西学院大学教授)

パネルディスカッション
 中川 明氏(弁護士・明治学院大学法科大学院教授)
 西原 博史氏(早稲田大学大学院教授)
 野田 正彰氏(精神科医・関西学院大学教授) ほか

都立高校卒業生等からの発言
「日の丸」・「君が代」強制問題に関する検討プロジェクトチーム委員の報告
など

主催 日本弁護士連合会

問合せ先 日本弁護士連合会 人権部 人権第一課 
TEL:03-3580-9505



Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/190-9423274a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。