上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.23 子どもの事故
 シュレッダーで幼児が指を切断する事故が2件起きたそうです(他の記事)。

 大人の利便のために子どもが犠牲にされる例は,枚挙にいとまがありません。
 たとえば横向きの洗濯機が流行っていますがあの扉は危ない。エスカレータや高所の手すりは小さい子に十分配慮された設計がなされているとはいえません。見渡せば危険物はゴロゴロ転がっています。
 ところが,「子供には注意」「子供の手に触れないように」などという,子どもに分からない注意書きが書いてあるだけで,子どもには危険は分かりません。


 子どもの事故の原因を追究している方々がいます。お話を聞くと,子どもの事故は防ごうと思えば防げるとのことです。たとえば,公園の遊具の事故などは,防具の付け方や,手すりの位置を子どもの視点に立って付け替えるだけで,多く防げるのです。具体的には,螺旋階段の手すりは,外側ではなく内側に付けるとか(大人は内側は狭くて通れないから外側に付けてしまう),踏み板以外の場所にも滑り止めをつけるとか(大人では考えられないところを通ろうとする)などです。
 「大人の視点」というのは,「多数の視点」「強者の視点」ということです。「子どもの視点」すなわち「少数や弱者の立場に立って考えること」というのは,命を救うキーワードだと思うのです。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/22-1514a168
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。