上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日,池田香代子さんの講演に行ってきました。
 題目は「100人の村から憲法がみえた」です。

 その演題のとおり,とても新鮮な視点で,あらためて憲法を見ることが出来ました。

sekai100.jpg
 池田香代子さんは,「世界がもし100人の村だったら」の著者です。

 「世界がもし100人の村だったら」は,ベストセラーにもなった本ですからみなさん御存知でしょうけれども,その後,いくつも続編が出ています。

 第2弾は,100人村白書で,詳しいデータが出ています。現下の世界情勢が手に取るように分かります。

 第3弾は,「たべもの編」で,世界の貧困について,「食」を通じて語りかけるものです。

 最新刊の第4弾は,「子ども編」です。
 この表紙の帯にあるように,世界中の国で,「子ども」がいかに幸せを奪われているのかが,なんともいえないリアリズムで綴られています。
 昨日は,池田さん自らが,この本の一部を朗読されました。
 「世界の子どもがもし100人だったら 
  31人は,栄養がじゅうぶんではなく
  21人は,予防接種をうけられません。
  8人は,5歳まで生きられません
  障害を持っている子は 7人です。」

 「世界の子どもがもし100人だったら
  7人は,スラムで
  5人は,家族と離れて 路上で暮らしています。」

 「子どもが,子ども時代をうばわれることは,
  人類が生きのびるのに欠かせない
  しあわせの記憶が,うばわれることです。」

・・・・というのは,そのうちのワンフレーズです。
 ちょっと想像力を働かせれば,その情景が目に浮かぶでしょう。
 たいへん心にせまるものがありました。


 さて,昨日の講演で得られたものは,とてもたくさんあって,ちょっと,簡単には書ききれません。
 ついては,私が,いずれ敷衍してまとめてみたいなあ,と思った項目をいくつか,メモしておくことにします。
1 私たちの力は「無力」ではなく「微力」である。
 声を届けるということが,いかに大切であり,有効であるか,ということが具体的に分かりました。
 たとえば,私たちがしばしばがっかりさせられるマスコミの中にも,良心的に頑張っている人はたくさんいる。また,良い取り組みを命懸けでやっている人がいる。
 彼らを「応援」する,「ほめてあげる」という声の届け方もあるのだ,ということです。
 批判ばっかりではダメだと思っている私には共感を覚えるメッセージでした。


2 日本国憲法は押し付け憲法ではない
 この問題も,いろいろな形で説明されますが,昨日の池田香代子さんのお話は,史実に基づいた,非常に分かりやすく,説得力のあるものでした。
 あらためて整理したいと思います。


kenpo1002.jpg
3 日本国憲法は「わたしたち」が定めたもの
 池田さんが,英文憲法からあらためて翻訳をした「やさしいことばで日本国憲法」が分かりやすかったです。
 あらためて,英文から見直してみると,この憲法の「核心」に簡単に迫ることができるので,あらたな発見が続出です。

 たとえば,英文憲法では「We,the japanese people,・・・」で始まっていて,池田さんは「日本のわたしたちは・・・」と訳しています。
 「日本国民は・・・」と始まる正文憲法よりも,ずっと民主的な雰囲気が伝わってくることを感じました。

 ジョンレノンの「イマジン」が,日本国憲法の平和的生存権そのものを謳っているではないか,というのも納得できることでした。


4 子ども兵士
 先の100人村子ども編には,次のような下りがあります。
世界の子どもがもし100人だったら
9人は,戦火のなかで暮らしています。

軍隊や武装集団にくわわっている子どもは
30万人です。
男の子や女の子は,雑用をさせられたり
大人の兵士の先に立って
地雷原を歩かされたりします。
人を殺すことを強いられたり
レイプされたりする子どももいます。
SIGHT.jpg 私は,たまたま「雑誌SIGHT」(→HPはこちら)の最新号を読んでいましたが,トップのグラビア写真で,
 「何百人もの子供たちがハイテクな未来の戦場で戦うヒーロー」
という現代アートの作品が出ていました。おぞましいです。
(このSIGHTでは,憲法改正案が特集されていて,特に慶応大学の小林節教授のお話が面白いです)



5 この国がイヤだという人が増えている
 たとえば一昨日からの話題の給食費未納にしてもNHK不払いにしても,市民の抵抗の一つのあらわれではないかということです。
 この国を支えているといわれる企業をはじめとする経済界は,既に海外資本に移行していて,国外逃亡をしている。為政者は愛国を強いる。そんな中で,市民の心も離れて行っている。
 そういう一面は,確かにあるでしょう。


6 全ての国の兵士が自衛隊になりたい
 イラク戦争で,日本の自衛隊が当地に赴き,非戦闘支援を貫いたということです。
 日本では「世界から腰抜けと批判がある」などと報じられるきらいがありますが,決してそうではなくって,戦地に赴いた他の諸外国の軍隊からは,
  「そういう手があったか!」
と日本の支援のあり方に,コロンブスの卵のような感動を覚え,各国に持ち帰ったとのことです。
 そりゃあ,軍人も命は欲しいですものね。人の役に立って,恨まれずに,褒められる役割を果たしたいですものね。
 他方で,ほとんど丸腰で戦場に赴いた自衛隊のみなさんにも,その勇気と辛抱に正当な評価をしてあげないといけないということです。
 世界中の軍隊が,全て自衛隊と化すれば,憲法前文の具体的な実現行為になるわけです。
 次の戦争の時には,自衛隊を真似る行動を取る国もあらわれるかも知れません。
 そうなれば,有益なアピールを実践したという意味で,自衛隊の実践をほめてあげる必要もあるということです(ただし誤解をしないよう慎重にね)。批判ばかりではなくって。


ほかにも,本当の保守主義は私たちに通ずるものがある,女性の立場,グラミン銀行はどうあるべきだったか,世界意思の結晶が憲法であること,いつ誰が9条を嫌うようになったか,などなど有益な話題満載でしたが,これらはまた改めて別の機会に譲りましょう。


池田さんは翻訳家なので,「言葉」のご商売です。
ですから「言葉」の力というか,選ぶ「言葉」の適切さは実に見事で,感動を覚えました。
ただ,もう一つ感じたのは,やはり,単なる「言葉」は言葉に過ぎないのであって,その「言葉」に込める「思い」や「事実」というバックグランドが大切だということです。
池田さんの話が面白かったのは,そのバックグランドにある徹底した事実や社会の調査・探求だったと思います。
弁護士稼業をしていく上でも,たいへん勉強になりました。

クリックして下さいクリックして下さいクリックして下さい
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/229-5e358030
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。