上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は,建国記念の日です。

 「国民の祝日に関する法律」によれば,建国記念の日は,必ずしも2月11日でなくてもよく,政令で定める日で良いとされています

 また,祝日の中で建国記念日だけが,特定されていない祝日なんですね。
 法律上は,いつでもいいことになります。
 たまに法律を読んでみるのも面白いです。

国民の祝日に関する法律(昭和23・7・20・法律178号)

第1条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

第2条 「国民の祝日」を次のように定める。
元  日 1月1日 年のはじめを祝う。
成人の日 1月の第2月曜日  おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う
春分の日 春分日  自然をたたえ、生物をいつくしむ
昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日 5月3日  日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日 5月5日  こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日 7月の第3月曜日  海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
敬老の日 9月の第3月曜日  多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日  祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。
体育の日 10月の第2月曜日  スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 11月3日  自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 11月23日  勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日 12月23日  天皇の誕生日を祝う。


つまり,今日は国を愛する心を養う日なんですね。

とてもいい日じゃありませんか。

誤解のないように補足します。
私は,ひとりひとりが各自で,愛国心を涵養すること自体は結構なことだと思っています。
ですから,「愛国心」を語ること自体がタブーになっているような社会的反応には,少々違和感を感じます。

そういえば,祝日に,家の玄関の前に国旗を掲げることも少なくなりましたね。
郷土の文化の消失については,なんとなく寂しい気がします。

しかし,「愛国心」を,政府(≒国家)が押し付けてくることには,はなはだ強い違和感を感じます
また,「愛するに値しない国家の政策の数々」には,極めて強い失望を覚えています。

 健全な気持ちで,心から「愛せる国」になってもらいたいと,今日のこの建国記念日に思いを馳せる次第です。

 そういうことを,各々の国民が,さりげなく考えたり,自然に感じたりするのが,「祝日」というものの持つ意味・機能ですよね。
 「愛国心」論議にも,そういうさりげなさが欲しいところです。
 だって,「愛」というのは,さりげない感じの方が美しいじゃないですか。
 ところで,ウィキペディア(Wikipedia)によると,紀元節は,本当は2月18日なんだそうですね。
(→こちらより
この「2月11日」という日付は「神武天皇元年(紀元前660年)1月1日」を、当時の歴史家が誤ってグレゴリウス暦で算出してしまったために弾き出された日付であり、「1582年10月4日以前はユリウス暦で算出する」という正しい方法で計算した場合、神武天皇元年1月1日は「2月18日」となる。つまり、正しい計算による建国記念の日は「2月18日」ということになる。
 そうすると紀元節(神武天皇が即位日)としての2月11日というのもあやふやな存在いえそうです。

 私としては,むしろ,これよりも2月11日は1889年に「大日本帝国憲法」が発布された日ということで,重みがあります。
 新憲法施行を祝う5月3日と対照的な日なんですよね。

 いっそ,5月3日と2月11日を一緒にしてしまって,憲法の施行と新しい日本の建国を建国を祝って,愛国心を育てる日,としたらどうかしら,と思ったりします。
 あっ,このコメントは単なる思いつきですので,あんまり突っ込まないで下さいね(笑)。

クリックして下さいクリックして下さいクリックして下さい
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/250-dcc4b556
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。