上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は,役員一同(会長と副会長の合計5名),定例の長~い新旧合同の役員会を終えた後,新幹線に乗って,岡山弁護士会に訪問をしてきました。
 岡山弁護士会のホームページはこちらです。

 岡山弁護士会は,お隣の県の弁護士会で以前から親交のある単位会です。
 毎年,役員間の交流が恒例になっていて,相互に意見交換・経験交流するのですが,今年は,お互いにあまりにもたくさんの業務があって,まもなく退任を迎えるこの時期になってしまいました。
 さながら,お互いの慰労会みたいな感じになってしまいました。

 岡山弁護士会は,規模的には兵庫県弁護士会の4割ぐらいの陣容なのですが,正副会長の役員数も兵庫と同じですし,先進的な取り組みもあり,勉強になります。

 私なりには,次の3点は学ぶべき点だと思いました。
 一つ目は,「都市型公設事務所」です。
 岡山弁護士会の支援・協力により設置されている
   弁護士法人岡山パブリック法律事務所
は,弁護士数10人の大事務所に急成長しているとのこと。
 岡山の市民の消費者問題・サラ金被害者や,成年後見などの大きな受け皿になっているそうです。

 2つ目は,「リーガル・エイド岡山」です。
 法律扶助事業については,法テラスが出来たり,各地の弁護士会では近時あわてて新基金を設立したりして,体制整備にあたふたしていますが,岡山県では,40年以上前から
  「司法福祉」
という言葉で,この事業を独自に創設し,支えてきたということです。
 ご立派です。

 3つ目は,地味ですけれども,弁護士のプロフィール紹介の充実です。
 弁護士検索のホームページ(弁護士MAP)では,ひとりひとりの自己紹介や自前の地図が表示されます。
 以前には,会員の顔入りの紹介パンフレットを作成するなど,岡山弁護士会の進取の気概は見習うべきところが多いです。

クリックして下さいクリックして下さいクリックして下さい
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/251-4558c107
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。