上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 淡路島ひまわり基金法律事務所がオープンしました。
 先週金曜日には,洲本市内で開所式が行われ,内輪ではありますが東京をはじめ多くの地域から関係者が集まり,初代所長の富本和路弁護士の今後の活躍にエールを送りました。

 以下は1月25日の毎日新聞の記事の引用です。

◆法律事務所:洲本にきょう開設、所長に富本弁護士 ひまわり基金で県内3番目
 
 日本弁護士連合会(日弁連)のひまわり基金による「淡路島ひまわり基金法律事務所」(富本和路所長)が25日、洲本市本町6の2の兵庫シーランドビル5階に開設される。同基金による法律事務所の開設は、県内では3番目という。

 淡路島は法律事務所が3つ以下の第1種弁護士過疎地域に指定されている。このため、日弁連と近畿弁護士会連合会、県弁護士会が協力し、弁護士の少ない地域の支援を目的に、同基金を活用して法律事務所を開設した。20070223141423.jpg

 所長の富本弁護士(33)は明石市出身。05年に弁護士になり、東京都内の法律事務所勤務を経て、今月から県弁護士会所属になった。

 24日、富本所長と津久井進・県弁護士会副会長が市内で会見し、富本所長は「地域の皆さんのお役に立てるよう、気軽に相談にのっていきたい」と抱負を述べた。

 淡路島ひまわり基金法律事務所の開所時間は、月~金曜日の午前9時半~午後5時。電話は0799・22・3280。【登口修】
<引用おわり>
 事務所に訪問したところ,たくさんの御祝いのお花が並んでいましたが,最も印象に残ったのは,同じく兵庫県内の“丹波ひまわり基金法律事務所”の井村華子弁護士から贈られていた
   ひまわりの花束
でした。

 兵庫県では「ひまわり基金法律事務所」は3箇所目ですが,全国の数多くの小さな司法過疎地に,若手を中心とする志の高い弁護士が次々と赴いて,ひまわりの花を咲かせています。
 その元気な様子を象徴しているように感じた次第です。

 なお,淡路は玉ねぎの産地(全国2位)です。淡路島内のPAでは,玉ねぎラーメンを売り出し中です。
20070223131829.jpg20070223131441.jpg


 名物というにはまだまだ知名度が足りませんが,玉ねぎはたっぷりで,意外と味噌が合います。

 ついでに,隣の出店で売っていた玉ねぎケーキも食べました。ケーキというよりも,オムレツみたいな味でした。
 なんとなく,見た感じはヒマワリにも見えませんかね?本日の趣向にピッタリでは?

20070223131854.jpg20070223131711.jpg


 今年度は4人のひまわりの先生方と出会いました。富本先生をはじめ,各先生方には活躍していただきたいものです。
(ちなみに,ただいま私は丹波に来ています。丹波ひまわり基金法律事務所は兵庫県第1号の事務所です。井村華子弁護士が頑張っています。)

クリックして下さいクリックして下さいクリックして下さい
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/266-1459e909
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。