上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 24日に神戸で片山善博・鳥取県知事の講演があった。
 テーマは, 
     「災害復興について」
であるが,講演で訴えられたのはポイントはただ一つ。
     ミッションを忘れていないか
ということだった。

 「ミッション」というのは使命。
 「誰のために」,「何をするのか」ということを忘れていなければ,何事も方向を見誤らないし,これを間違うと変な方向に進むということだ。

 講演中にたとえ話で出てきたエピソードだが,
   ◇一部支援者のためだけに汗をかく議員
     (=市民のために制度を良くする使命を忘れ,選挙当選だけを考えている)
   ◇自分のメンツのために復興制度を限定する役員
     (=被災者を元気にする使命を忘れ,前例や体面を考えている)
というのは全くうなずける。

 私たちの取り扱う「法律」も同じだ。
 上手な法律の使い手と,形ばかりの法律家の違いは,「ミッション」を持っているかどうかによる。
 法律には,「趣旨」や「立法目的」がある。これがミッションだ。
 素人法律家や,やたら細かい条文ばかりを振り回す法輩(腕の悪い弁護士や,レベルの低い裁判官)は,文字面だけを見てどーのこーの偉そうに言う。
 しかし,
   「その法律は何のために制定されたのか」
というところを忘れている場合,その結論は,間違っていることが多い。
 自分自身への反省も含めて,肝に銘じなければならないと思った。

 私は,「復興法としての憲法の機能」について講演をしたが,片山知事は,これを受けて,
   ◇憲法の役割
   ◇立憲主義の本質
   ◇憲法の意味を理解していない役人・政治家
について明快なコメントを発してくれた。
 この発言にも感動をした。

 このシンポで得られたものは貴重だと思うので,引き続き何らかの形に残したいと思う。

神戸新聞3月25日の記事(→こちら)より引用
20070326063537.jpg「復興の使命、認識を」 鳥取県知事、神戸で講演
 二〇〇〇年の鳥取県西部地震で住宅再建への公的支援を実施し、今年四月で退任する同県の片山善博知事が二十四日、神戸市中央区で開かれた「『災害復興ガイド』出版記念シンポジウム」で講演した。「復興の目的は被災者の暮らしをできるだけ元に戻し、絶望を少しでも希望に変えることだ」と、被災者支援の根幹について語った。

 市民団体「兵庫県震災復興研究センター」(神戸市)などが、本の出版に合わせて主催した。
***応援お願いします***→応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
 片山知事は西部地震で住宅再建に三百万円を支給し、その支援策を恒久制度化した。「中央官僚は『個人の資産形成に金は出せない』と言うが、阪神・淡路で『できない』と言った手前、『やってもらっては困る』というのが本音」と話した。

 住宅本体の再建費用が対象外となっている国の被災者生活再建支援制度については「被災者が使いたいものに使えるようにすべき」と指摘。「復興は政府のためにあるのではない。『被災者のため』というミッション(使命)を認識していないから議論が混乱する」と強調した

 
もう一つ記事がありました。毎日新聞3月25日朝刊(→こちら)からの引用です。
出版記念イベント:片山・鳥取県知事が講演 神戸・中央区に60人 /兵庫

 ◇「災害復興の使命は心の不安除くこと」

 阪神大震災などの災害復興をテーマにした「災害復興ガイド」(県震災復興研究センター編)の出版を記念し、鳥取県の片山善博知事が24日、神戸市中央区で講演した。片山知事は、00年の鳥取県西部地震で、家を失って打ちひしがれる被災者を見て公的な住宅再建支援制度を全国で初めて創設した経緯を紹介。「被災者の心の不安を取り除くことが災害復興の使命」と語り、約60人が聴き入った。

 片山知事は、現行の制度にとらわれず、実際に被災地を回って何が必要なのかを知る現場主義や、刻一刻増える被災者の不安を取り除くスピード感が重要と指摘。「誰のために何をするか、という災害復興の使命を政府と自治体が共有すべき」と述べた。

 出版記念イベントでは、憲法から見た災害復興制度をテーマにした津久井進・県弁護士会副会長の講演や、村井雅清・被災地NGO協働センター代表らのシンポジウムも開かれた
。【津島史人】

***応援お願いします***→応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/298-f49aaccc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。