上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能登半島地震について,いろいろな新聞の情報を見ている。

やはり三大紙の情報は,情報網が広く,スピードと情報量は多い。
これに対し,神戸新聞は,共同通信の記事が基本にはなっているのであるが、やはり被災経験があって「人の痛みが分かる」ということなのだろうか,記事の視点が「被災者の身になって考える」という,地に足の付いたところにあるように感じる。

被災者の方々が,再び立ち直れるかどうかは,災害直後の救助活動よりも,その後の対応によるところが大きい。
被災者の立場に立ち、被災者の目線から捉えた事実を伝える報道が今後も続けられることを期待したい。

***応援お願いします***→応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/303-c6de138f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。