上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.03 還暦憲法
今日は私の誕生日です。38歳になりました。
一方、憲法も本日で施行60年を迎えました。還暦です。

憲法の60歳を迎えるまでの歩みを、1人の人生に例えると、なんともいえない人間味あふれた感じを受けます。

1 憲ちゃんがが生まれたとき、困窮と疲弊に満ちた家庭は、憲ちゃんの誕生を心から祝いました。
(戦後直後の1947年~)

2 憲ちゃんが幼児のころ、家族はありったけの愛情を注いで、大きく健やかに成長することを望み、育てました。
(戦後10年の復興期)

3 憲ちゃんが小学校に上がったころ、突然、憲ちゃんは他所からのもらい子じゃないかと疑われるようになり、別の子を産み直したらどうかと言われるようになりました。
(施行8年目で、改憲の党是とする55年体制の確立)

4 憲ちゃんの小・中・高校、大学という就学期には、家族が仕事に没頭し、ほとんど子育て放棄状態に置かれました。しかし、健ちゃんの持ち前の良い性格で、ぐれることもなく、家庭の明るい雰囲気の支えになりました。
(高度成長期の1970年ころ/憲法23歳まで)

5 憲ちゃんが就職し、いよいよ社会貢献すべき時期を迎えましたが、就職先では出世コースに乗ることなく、組合活動などに従事させられるばかりとなりました。
(1990年代ころまで)

6 憲ちゃんの会社は、財テクに失敗して倒産しそうになったので、世界最大手の米国会社の傘下に入る方針を立てました。目障りな憲ちゃんは、早々に窓際族に追いやられ、干されてしまいました。
(この直近の約20年)

7 憲ちゃんはいよいよ定年を迎えました。ボンボンの新社長は「私の代で引退させる」と言い切りました。憲ちゃんの引退を強く迫っています。
(まさに現在)


こうしてみると、なんだかさびしくなりますね。

私の購読紙は、改憲推進派の日経新聞です。
他紙はまだ見ていませんが、日経でも、今日は憲法関連記事をたくさん載せています。
もちろん論旨は改憲ですが、次のような興味深い記事が出ています。

<1>「もう兵隊にとられることはない」という安心感が人々を仕事に打ち込ませ、日本の経済復興と発展を促した。史上空前の高度成長を現憲法がさまざまな面で下支えしたのは間違いない。
  →ひとつの見方であり、的確だと思いますが、日経がこのような評価をしている点がおもしろいです。

<2>改憲をすべきだという意見が、年々、減ってきているということです。
 2000年から2007年までの推移を見ると、
   61%→58%→55%→54%→51%
と漸減しているというのです。逆に「現在のままでよい」との意見は増えている。

  →「現憲法」の真価が、ようやく知られるようになってきたことを示しているのではないですかね。

<3>改憲志向が際立っているのが30歳代。改憲が最多の60%、護憲が最小の32%だった。
  →まさに、私たちの世代ですね。憲法の真価を一番知らない世代だということです。奮起すべきは、まさに私達なんだと思いました。

応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
 
 9月3日に掲載した記事ですが、誕生日の今日にふさわしいと思うので、あらためて掲載します。
  私と憲法

 わたしと憲法は切っても切れないご縁です。

 なぜなら,私が生まれた日は5月3日の憲法記念日なのです。
 だから,同じ誕生日を持つ憲法には小さいころから妙な親近感を持っていました。子どものころには"ゴミの日だ~"などと悪口を言われたこともありますが,幼いなりに,この国で一番最高の法の日であるという自負心や,誇りを感じていたような気がします。
 ちなみに,わたしの義母の誕生日は11月3日の文化の日です。この日は"平和と文化を重視した日本国憲法が公布されたことを記念して「自由と平和を愛し文化をすすめる」国民の祝日に定めた"とされています。つまり,憲法が高らかに訴える自由と平和こそ文化であるということが,当時の国民的なコンセンサスだったという痕跡が今も残されているわけです。
 いわば,わたしたちの国は年に2回も憲法の誕生を祝っている国なのです。

 そうすると,とても憲法を大事にする国なんだ!,ということになるはずです。

 ところが,悲しいことに,今や憲法は祝いや希望の的というよりも,攻撃や批判の的にされつつあります。改憲論者の中には,ホントに"ゴミ"のように扱うかのごとき発言をする方もいます。憲法に妙な親近感を持つわたしにしてみれば,志を高くもった心清き尊敬すべき身内が,利得に惑う世俗の中傷を受けているような気がしてなりません。本当に悲しいことです。
 憲法はまもなく還暦を迎えます。しかし,「普遍と永遠」を謳う長寿であるべき日本国憲法にとってみれば(世界的にみても憲法の平均余命はとても長い。),まだまだ壮年,いやいや思春期といったところでしょう。確かに,思春期には思い悩むことも多いことでしょう。しかし,ここで彼女(米国)の歓心を買わんがばかりに肉体(武力)の増強に走るのではなく,むしろ,心と頭脳をしっかり鍛えて精神的に一皮むける成長を成し遂げ,真の「理想の平和」を実現するために頑張ってもらいたいと心の底から思います。

 憲法は,いよいよこれから真価を発揮すべき時期を迎えます。他方,今がまさに正念場です。わたしは,しっかり憲法を応援していきたいと思っています。


応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
 
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/324-34f3b9d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。