上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.03 夙川9条の会
 夙川9条の会に講演に行ってきました。
 お題は憲法のはなし」。そのまんまです。
 この種の“地域9条の会”がピョコピョコとキノコが生えるみたいに,次々に発足するのを期待しています。これこそ「草の根」と思うからです。
 私の知る限り,西宮市では,夙川,津門,甲陽園の各9条の会が出来ていますが,町内に1つずつ,ぐらいは出来てほしい。何をするでもなく,単に,「憲法は大切だ」と思うだけでいいと思うのです。

 昨日の伊藤真さんの講演では,目からウロコの言葉をいくつも仕入れてきました。
  ◆憲法は頭で理解すると共に,心で感じるものである。
  ◆憲法を知ってしまった人には,これを広める責任がある。
  ◆民主主義は間違うことがある。
  ◆殺されていい人と殺されてはいけない人を分けてはいけない。
  ◆本当の「脅威」は軍事力ではなく,信頼関係の喪失である。
どれも大切なことだと思います。
 面白かったのは,
  ◆太田光(爆笑問題)の「憲法9条を世界遺産に」
  ◆常識としての軍事学
という本の紹介でした。すぐに本屋に走って仕入れてきました。

 とりわけ,「軍隊は国体を守るためのもので,国民の生命や財産を守るためのものではない。これは警察や消防の仕事だ」という軍事の常識を知ったのは収穫でした。

 仕入れた知識を,そのまま受け売りで,昨日の講演でみなさんに伝えてきました。
 夙川9条の会にお集まりのみなさんは,老若男女(赤ちゃんまで)いらっしゃって,とても良い雰囲気でした。思いを同じくする人が集まるというのは,心地よいものです。

 私のレジュメを載っけておきます。

<以下引用>
憲法の話
                兵庫県弁護士九条の会
                弁護士法人芦屋西宮市民法律事務所 弁護士 津久井進
1 自己紹介

2 「今」はどういう時代なのか
 ・総理大臣安倍晋三の誕生を迎えて~改憲と教育基本法改定
 ・ビラ配り逮捕事件
 ・最近の新聞や雑誌
 ・国民投票法,教育基本法,共謀罪,ゲートキーパー法

3 私たちの憲法の真価
(1)法律と憲法の違い~単なる国の基本法ではない
   →誰をしばるためのルールなのか
(2)立憲主義(←→民主主義)~強者に対する押し付けである
(3)最も大切な条文は9条ではない→個人の尊重

4 平和主義・平和的生存権
(1)前文~「国民のため」か「人類のため」か
(2)9条
(3)集団的自衛権
(4)9条が果たしてきた歴史的役割~本当の脅威とは何だろうか
(5)平和主義を実践することとその効果~本当に戦争をしないようにするためには

5 自民党新憲法草案にひそむ意図
(1)改憲案ではなく新憲法草案である~憲法99条違反
(2)本当に9条と96条(改正手続)だけの一点突破なのか
(3)法律>憲法
(4)注目すべき条文/
    軍隊;9条の2,20条3項,89条1項
    公 ;前文、12条、13条、29条、91条の2第2項
    民主主義;54条,56条2項,64条の2,72条
(5)失われるもの~平和的生存権,硬性憲法,立憲民主主義
(6)生まれるもの~交戦権,徴兵制,公益と公の秩序,国民の義務,首相の参拝権
(7)新憲法によって変わるもの
   「積極的非暴力平和主義の放棄」「人権思想の後退」「言論統制」「戦後賠償問題への影響」
   「アジアでの孤立」「社会的弱者への影響」

6 「今」,大切にしていかなければならないこと
(1)憲法の本当の姿を知ること~法律とは違う,理想の形,変えてはいけないもの
(2)少数者・弱者の立場を想像すること~「人はみな同じ」「人はみな違う」ことを理解すること
(3)真に現実的・具体的に考えること~日本の役割は何か,改憲で変わるのか
(4)「憲法九条を世界遺産に」                 



クリックして下さい

クリックして下さい
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/36-a968ece3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。