上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「事故遺族~安心安全な社会をめざして~」というブログがあります。
(→http://jikoizoku.blogspot.com/
jikoizoku.jpg

 このブログは、様々な事故(鉄道事故、航空事故、医療事故、歩道橋事故、刑事事件など)によって、かけがえのない肉親や大切な人を失った遺族の方々が自ら運営し、自ら語る場として、とても貴重だと思います。
 わたしたちは、航空、鉄道、医療などさまざまな事故の遺族のグループです。安全・安心な社会を目指す活動に関心を持つ市民やジャーナリストも参加しています。不幸にも事故に遭われた方々に役立つ情報を集めます。遺族・被害者の方々だけでなく、多くのみなさんにご覧いただけるページを目指します。
 ところで、マスコミ等で被害者のコメント等を報道するときに、個人的な感情を吐露している場面を強調する傾向がありますが、必ずしも正確な描写ではないと感じます。

 しかし、誰よりも、
    ◇社会全体に求められる安全
    ◇同じような悲劇・再発の防止
    ◇誰もが安心して生活できる状況

を求めているのが、被害者の方々です。
 自分だけのことを考えているのは、世間の無関心層であって、被害者自身こそが、他人のことを思いやって物事を考えていることが多いです。
 発するコメントも、非常に深い考察や、一人ひとりの身になって考える全体的視点を持っています。

 このブログの中で、航空事故の遺族の方が、
 ◆航空事故調査委員会(当時)は「再発防止のための調査であり、遺族のための調査ではない」と言い
 ◆警察は「罪を罰するための捜査であり、遺族のための捜査ではない」と言い
 ◆被害者・遺族は誰からも事故原因について説明をしてもらえませんでした。
 ◆多くの被害者・遺族が悲しみの中「事故の真実を知るため」様々な機関に立ち向かってきました。
 ◆必死で「事故の真実」を知ろうと頑張るのは、自分自身のためだけでなく「二度と事故が起きて欲しくない」という強い願いが込められている事を理解ください。
 と語っている部分がありますが、そのとおりだと思います。

今回の事故調査報告書が、十分評価できるレベルに達しているかどうかは、当事者である被害者がジャッジするのが妥当なのでしょう。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/385-ff7495d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。