上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ブログをはじめ,インターネットや放送に対する内容審査(≒検閲)が,始まろうとしています。

    「そんなコト,実際には,ナイよね~」

と思う人もあったでしょうが,昨日,私の目の前から,一つのブログが突如として消えました。

HN: 元幹部自衛官だ~!
職業: 自衛隊に、無理矢理退職させられ現在、無職
自己紹介: 自衛隊組織に恫喝され、仕方なく自衛隊を退職した元幹部自衛官が自衛隊内部を滅多切り~!!!


というプロフィールさんの
  猫に小判 ~ 自衛隊内部を滅多切り ~ 」
というブログです。

ほんとについ最近立ち上げられたばかりだったのですがが,自衛隊の中で起こっている出来事をリアルに伝えてくれる内部告発的なもので,とても勇気あるすごいブログでした。

 7月17日が最後の書き込みでしたが,こんなことが書いてありました。
こんな、つたないブログを読んで下さる みな様へ

(略)私は自衛隊の現場に数十年携わり、自衛隊内部を全てとは言いませんが見て実行してきた一人の元幹部自衛官です。

元幹部自衛官の観点から自衛隊における集団的自衛権の行使や憲法9条改正は危険だと感じます。

集団的自衛権の行使、憲法9条改正し自衛隊が行動した場合、やる方もやられる方、双方に犠牲者が出ます

双方の犠牲者の方には親、兄弟、妻や子どもがいると思います。その方達の人生が大きく変る可能性があります。
そして悲しむ人を、これ以上作ってはいけないのです。
また、
集団的自衛権の行使、憲法9条改正は、戦争状態と変らなくなってしまうという危機感です。
自衛隊は旧軍と同じ過ちを繰り返してはならないのです。

このブログを立ち上げるに際して長い期間、悩み・迷いました。しかし、国民のみなさん一人でも多くの方に、私が自衛隊の現場で見て実行してきた事を伝え、本当に集団的自衛権の行使・憲法9条を変えてもいいのか。変えなくていいのか。その判断の一端となれればと思い身を切られる思いでブログを立ち上げました。

ブログの記事は、実際にあった事を書いています。
(略)

私個人的には、防衛庁から防衛省への昇格、防衛省内局に防衛庁時代から制服組が入っていることを考えると、憲法9条は最後の砦だと思っています。
ですから、何としてでも集団的自衛権行使、憲法9条改正は阻止しなければとの思いです。

各党・党派を超えて集団的自衛権行使、憲法9条改正阻止のため、今こそ大同団結しなければいけない時だと思います。

このブログは誰がやっているのか自衛隊では探しているでしょう。
私個人として、このブログを閉鎖する気はありません。
もし、閉鎖したとしたら圧力がかかったものと考えて頂きたいと思います。


どうか。
このブログを読んで頂けるみなさんのお力で存続させて頂けますようご協力、応援をお願いいたします。

          
平和な国であることを願っています。
 本当にこれが,最後のコメントとなってしまったようですが,このメッセージのとおりだとすると,まさに,
   内容の検閲 → 削除
という圧力が働いていたことになります。

おそろしいことが目の前で起きています。

「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」の「中間取りまとめ」に対するパブリックコメントの〆切は,本日7月20日午後5時に迫っています。
 →詳しくはこちらをどうぞ


***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
猫に小判 ~ 自衛隊内部を滅多切り ~」のうち,いくつかのエントリーを,ここに紹介しておきましょう。

<1>まず,最初のエントリー「戦闘開始前に」【2007/07/10 13:28 】 です。
自衛隊に告げる!

今までの事を白状しなさい!

国民の目を誤魔化すな!

と言うわけで・・・

≪内部資料の挿入≫

作戦会議を開き・・・・・・

自衛隊内部で行われている事実を
国民に知ってもらいましょう~!

TB。大歓迎!



<2>次に「これが!自衛隊が部隊で行っている組織ぐるみの視認情報だ~ 」【2007/07/11 21:04 】 です。
自衛隊の視認情報がどのように、作られるか?

例えば

このような物があった場合

kyousanntirasi.jpg


・外出した隊員が町で配られた上記のビラやちらし
・官舎に住んでいるところに配られた上記のビラやちらし
・官舎以外に住んでいる隊員の自宅に配られた上記のビラやちらし


 上記のようなビラやちらしを配れた場所、時間、収得したものの氏名を記載し自らが所属する部隊の総務関係(中隊であれば隊付准尉、連隊であれば第1科又は総務科など)に持っていくと

sininnjouhoutuzuri.jpg


このような視認情報綴りに

sininjouhousyuukei.jpg


このように記載されます。

これらを

上級部隊に報告し

最近、共産党が入手した視認情報綴りとしてなるのです。

ですから
 共産党が入手した自衛隊の「情報保全隊」による大規模な国民監視活動を詳細に記録した内部文書が公開されましたが、「情報保全隊」だけではなく、

全国にある各駐屯地や各部隊が情報活動を行っているのです。

 この全国にある各駐屯地や各部隊には、上記のようなビラやちらしを収集するノルマが隊員に課せられているのも事実です。

そして
選挙の時などは
収集に一番、良い時期とされています。
積極的に、GIカットか坊主頭でビラやちらしを貰うのは、ほぼ自衛官だと考えて良いでしょう。

 国民のみなさんへ。

国民のみなさんも
このように
自衛隊に常に監視されています。

これは
個人のプライバシーに対する人権侵害行為であるとともに、言論・表現の自由を否定する憲法違反であるとは思いませんか!


<3>さらに,「自衛隊!これって自衛隊法や公職選挙法違反じゃねーの。」【2007/07/12 21:44 】 です。
自衛隊が選挙になると毎度、やっている教育
それは
どこの党に投票するか
そして
視認情報を集めてくる
教育である。

その教育は部隊毎に行われ
定期秘密保全検査のため
機会教育簿に教育をしたという証拠として記載するのである。

その機会教育簿がこれだ。

kikaikyouikubo.jpg


この機会教育簿には、
『政党を良く承知せよ』と書かれている。
これは
私も現役時代に教育をしたことがあるが、
いわゆる
自○党に入れろ!

言うことである。

『投票したならば中隊本部に連絡せよ』と
言っている。
これは
部隊で作成している非常呼集網図を使い連絡しろ!

言っているのである。
要するに
自衛隊では投票率が、ほぼ100%なのである。

機会教育簿の下には
視認情報を持ってくるように言っている。

所見には
教育をしたものが、今回、このような教育を3回したと書いている。

国民のみなさん。
 自衛隊は、組織を利用して自○党に投票するよう
教育し投票させる行為は、公職選挙法や自衛隊法
違反ですが
  こんな事が許されていいのでしょうか?


<4>「国民を信用しない自衛隊! 隊員を使い諜報活動! 」【2007/07/14 00:57 】 です。
前回の記事で隊員にノルマを課していると書いたが

そのノルマの機会教育簿はこれだ!

≪図の挿入≫

この機会教育簿には

1人2件が目標で

目標達成と書かれている。

また

≪図の挿入≫

内容については見てもらった通りである。

自衛隊は隊員や
その家族を使い情報収集を行っているのである。

自衛隊員と家族で情報収集をしていると言うことは、
実数は把握してないが、かなりの数に上る。

自衛隊員の家族は、自衛官じゃないのに視認情報を
提供している。

要するに
自衛隊の考え方は、
自衛隊員の家族=自衛隊員=自衛隊
と考えているのだ。

現役の頃、
良く上司から奥さんや子どもの教育をしろ!
と指導された記憶がある。

これは、
明らかに
国民の税金を使用し、自衛隊員を使って組織的に行われている
情報収集活動である。

しかも、
国民の中に自衛隊が敵を作り、その国民を信用していないのが
現実である。
               
国民のみなさん

自衛隊は自衛隊員という税金を

使い情報収集活動を日常的に行い、

国民を信用していない事を、どう思いますか。

また、

自衛隊は国民を守るべき任務があるのに、いつから国民を監視する任務が誰から与えられたのでしょうか。


<5>そして最後が本文でも引用した「こんな、つたないブログを読んで下さる みな様へ 」【2020/07/17 10:41 】です。
昨今、安全保障に関し集団的自衛権の行使や憲法9条改正が加速度的に進行しているように感じます。
私は自衛隊の現場に数十年携わり、自衛隊内部を全てとは言いませんが見て実行してきた一人の元幹部自衛官です。

元幹部自衛官の観点から自衛隊における集団的自衛権の行使や憲法9条改正は危険だと感じます。
集団的自衛権の行使、憲法9条改正し自衛隊が行動した場合、やる方もやられる方、双方に犠牲者が出ます

双方の犠牲者の方には親、兄弟、妻や子どもがいると思います。その方達の人生が大きく変る可能性があります。
そして悲しむ人を、これ以上作ってはいけないのです。
また、
集団的自衛権の行使、憲法9条改正は、戦争状態と変らなくなってしまうという危機感です。
自衛隊は旧軍と同じ過ちを繰り返してはならないのです。
このブログを立ち上げるに際して長い期間、悩み・迷いました。しかし、国民のみなさん一人でも多くの方に、私が自衛隊の現場で見て実行してきた事を伝え、本当に集団的自衛権の行使・憲法9条を変えてもいいのか。変えなくていいのか。その判断の一端となれればと思い身を切られる思いでブログを立ち上げました。
ブログの記事は、実際にあった事を書いています。
記事のご判断は、読んで頂いた方にお任せしたいと思います。コメントに対するコメント返しは、いろいろなお考えがあるかと思いますので私からは控えさせて頂いていますので
ご容赦下さい。
トラックバックやコメントは頂いた方、全てのものを公開しています。
ブログを立ち上げた時、操作方法が分らず間違って消してしまったのもあります。
それに付きましては、お詫び申し上げます。
私個人的には、防衛庁から防衛省への昇格、防衛省内局に防衛庁時代から制服組が入っていることを考えると、憲法9条は最後の砦だと思っています。
ですから、何としてでも集団的自衛権行使、憲法9条改正は阻止しなければとの思いです。
各党・党派を超えて集団的自衛権行使、憲法9条改正阻止のため、今こそ大同団結しなければいけない時だと思います。
このブログは誰がやっているのか自衛隊では探しているでしょう。
私個人として、このブログを閉鎖する気はありません。
もし、閉鎖したとしたら圧力がかかったものと考えて頂きたいと思います。
どうか。
このブログを読んで頂けるみなさんのお力で存続させて頂けますようご協力、応援をお願いいたします。
          
平和な国であることを願っています。


文中に引用された図・写真等はとても迫真性のあるものでしたが,それらをもう見ることはできません。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/417-8a833770
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。