上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どういうわけか,一人区の中で,山口県選挙区だけは自民優位と報じられ続けている。
 朝日新聞は「動向が注目される1人区(29選挙区)では、群馬、和歌山、山口で優勢,中日新聞は「二十九ある一人区で、自民が絶対に間違いないと言われるのは山口県だけなどと,報じている。

 本当にそうなのか?

 自民の候補者は林芳正氏(←よく知らないが世襲議員らしい)
 対抗する民主党の候補者は,戸倉多香子さんだ。
 (とくらblogはこちら候補者HPはこちら

 どうやら,安倍首相の地元なので自民は盤石という前提があるようだ。
 しかし,世論の動向を見ると,自民党への失望よりも,むしろ,安倍氏の「わたしの内閣」の支持率急落が顕著である。
 そうすると,安倍氏の地元であるということは,安倍内閣への信任を直接問う意義が強くなるので,その反動で,むしろ自民に不利益に働くという見方もあるだろう。

 ちなみに,安倍氏の実弟の岸信夫氏は,前回の選挙で,民主党候補者と競り合って,
   岸信夫  自民 新  365462
   大泉博子 民主 新  311851
と,わずか5万票差で辛勝したに過ぎない。
 これを見る限り,必ずしも盤石の地盤とは思えない。

 このあたりの情勢の分析は,
    エクソダス2005《脱米救国》国民運動
さんが非常に説得的に論じている。なるほど,と思う。

 戸倉さん自身は,「はじめの一歩」さんや,「美しい季節とは誰にも言わせまい・・・」さんのブログのコメント欄で,手応えと率直な心境をレポートしている。
山口県でも、多くの方々の怒りは大きくて、ものすごい反応なのですが、新聞の世論調査の結果は?です。
私は、必ず勝てそうな気がするのですが、
新聞は、全国版で、安部総理の地元はOKと書きたいのでしょうか?
それで誘導される方々が明らかにいると思うのだけど・・・。
「選挙の情勢というのは、実は候補者がいちばん知っているものである。」
というのは,元自治大臣の白川勝彦さんの「永田町徒然草」の3日前の記事である。
 これまた,なるほどと思う所感である。

 現内閣に対し,徹底的な反省と,方針の大胆な転換を突き付けるためには,
  ◆単に大幅に議席数を減じるだけではなく,
  ◆盤石と思われた地区(=山口)で,まさかの逆転敗北を喫する
ということが効果的であることは間違いない。


 最後の1週間は,山口選挙区の動向に注目したい。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/426-703a8b3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。