上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬長亀次郎(せなが・かめじろう)
kamejiro.gif
 1907年6月10日生まれ、2001年10月5日死去。
 太平洋戦争後、アメリカ軍占領下の沖縄で、軍事優先のアメリカ支配の圧政を糾弾し続けた政治家。
 立法院議員、那覇市長、戦後沖縄初の国会議員を歴任。沖縄の人びとには「カメさん」と呼ばれた英雄だった。
 沖縄の祖国復帰に尽力した沖縄の方々は大勢います。瀬長亀次郎はその一人です。

NHK「その時歴史が動いた」のページより)

 昨日のNHKの「その時歴史が動いた」では,瀬長亀次郎さんを取り上げ,
  忘れられた島の闘い ~沖縄返還への軌跡~
と題して,戦後の沖縄の返還までの歴史をレポートしていた。

 この夏,NHKでは,戦争をテーマにした番組を多数特集するようだ。
お玉さんのブログこちらに一覧が出ています。)
 今回の瀬長さんの特集が,その先頭を切るものだが,今後の番組にも期待をしたい。

 私は,昨日の番組を見て,
   ◇沖縄は,祖国日本に返還されたけれども,
   ◇沖縄の戦後は,今も,全く終わっていない

ということを強く感じた。

 番組では,瀬長さんの言葉として,
「戦争は終わったが、地獄は続いていた」(『瀬長亀次郎回想録』より)

「セナガ一人が叫んだならば、五十メートル先まで聞こえます。ここに集まった人が声を揃えて叫んだならば、全那覇市民まで聞こえます。沖縄の七十万の民が声を揃えて叫んだならば、太平洋の荒波を越えて、ワシントン政府を動かすことができます。」(『瀬長亀次郎回想録』より)

「一リットルの水も、一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない。空気は我々がただで吸わせている。そのうえ、今回の新たな土地強奪である。我々は対米非服従運動を起こさねばならない。」(『沖縄の青春 米軍と瀬長亀次郎』より)
という言葉が引用されていたが,今の沖縄が置かれた状況を直視すると,決して過去の言葉ではなく,今でも全くそのまま通用する言葉だと思う。

 番組中で,1971年12月4日、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会での発言として,
「この沖縄の大地は、再び戦場となることを拒否する。基地となることを拒否する。あの紺碧の空、サンゴ礁に取り囲まれて、あの美しい海。沖縄県民の手に返って初めて平和な島が、沖縄県の回復ができるんだということを二十六年間叫び、要求し続けてきた。」
という発言も引用されていたが,返還前の1956年8月30日に,国会の外務委員会で,瀬長さんが参考人として発言されたものを見つけたので,以下,引用しておきたい。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          

○瀬長参考人 委員長の許可を受けまして、沖繩問題について参考人としての意見を申し述べたいと思います。

 その前に、外務委員会がこういった機会を作って下さったことに対しお礼を申し上げます。

 沖繩の軍用地問題解決の四原則が琉球政府立法院で全員一致可決されたのは1945年の4月30日でありました。この四原則は80万沖繩県民が生きる権利と財産権を守り、異民族に一坪の土地も売り渡さないで日本国民の領土主権を守り、独立と平和をかちとるための、だれが見ても無理のない正しい要求であります。
 ところがアメリカ政府は、この四原則を完全に踏みにじるプライス勧告の骨子を六月九日に発表しました。それ以来プライス勧告反対、四原則を貫徹する対米抵抗の運動が八十万県民総ぐるみの戦いとなって展開され、それは祖国九千万同胞の共感を呼び起しました。
 それで現在では幅広い国民運動となって胎動を続けております。プライス勧告反対、四原則支持、沖繩の施政権の返還は、自民党を含む全政党、百余の各種団体共催の日比谷の国民大会で決定されしました。しかしアメリカの現地軍はこういうことを踏みにじりまして、現在でも非常に残虐な行為を行なっております。その三つについてお話を申し上げます。

 第一番目には、新規接収について今冷却期間を設けておると言っておりながら、沖繩北部の国頭村安田区におきましては、新規接収するための強制測量が行われております。これは七百六十五町歩にわたる国、県、私有地を含んでおりまして、この関係者、戸数にいたしまして百二十一戸、六百六十名の部落民の生活を脅かすことになっておりますが、今月の四日以来、アメリカのヘリコプターが安田区の部落におりて参りまして、新規接収の通告をやりましたが、村長以下村民はこれを拒否しております。ところがこのヘリコプターは、毎日飛んで、今部落民は恐怖のどん底に突き落されております。こういうふうに新規接収の前ぶれである強圧が現在沖繩で行われておるという事実があります。

 さらにもう一つ、これはアメリカの現地軍が従来とりました暴虐な、残虐な行為であります。この行為は天人許すべからざる行為として、現在八十万県民は総立ちになっております。この事件と申しますのは、去る七月十二日さらに一日置いて十四日、十五日の三日間にわたって行われました沖繩北部の伊江村にかけられました焼き払い事件であります。
 この焼き払い事件の真相を発表いたします。
 これは資料にも書いてありますが、七月十二日午後二時ごろ、真謝区――これは真謝区と申し上げますと、伊江村の部落になっておりますが、下スメガ原で草刈りをしていた同区一班島袋盛徳という子供が、米兵が畑や山に火をつけて燃やしていると部落にかけつけて報告をして、そうして石川という人が自転車に乗っていって現場にかけつけました。もちろん島袋という子供の報告によって、全部落民が現場にかけつけたことは当然でありますが、石川さんが現場にかけつけるや、米兵三名が下スメガ原を中心に小型石油カンからさらに小さいカンへ移して、付近のススキ、砂糖キビ、松、想思樹その他に石油を散布し、焼き払っております。石川さんがアメリカ兵に焼くことはいけない、向うの山は私の山であるから消してもらいたいと言ったら、アメリカ兵は、消すどころかそれに何の返事もなしに上の方に消えていった。その晩は午後八時過ぎまで燃え続けて、鎮火しております。
 さらに一日置いて、八月十四日午前十時、真謝原というところでアメリカ兵七名が消防自動車に乗ってきまして、ガソリンを注ぎ込んで、その一人の軍曹がライターで火をつけて、さらに燃え残りの砂糖キビ、イモ畑、山林、原野の区別なく、ガソリンをつぎ込んで散布し、すっかり焼却し去っております。そしてそのとき真謝部落の荻堂盛徳という人外一名が火を消すためにいろいろ努力しておりますと、米兵からけ散らされて逃げ去ってきている事実もあります。十五日の午後二時ごろ、スメガ原を中心にその一帯をさらに同じような方法でガソリンをばらまいて、そして全部焼き払っております。アメリカ兵は、戸惑って右往左往している部落民をながめてにやにや笑いながら、高台でその焼けておる現場をながめておるといった事実であります。さらに真謝区の区長東江保さんは次の通り語っております。七月十二、十四、十五の三日間にわたり射的場中心地付近約三十万坪が米軍消防車により、ガソリンを散布され、畑、山林、原野の差別なく焼き払われ、同区知念佐太郎の落花生畑二百五十坪を初め、甚大な損害をこうむっております、七月十五日午後二時ごろ真謝区一班知念木麿夫婦がたきぎ用としてカヤを刈っているところを焼き払いに合い、危うく焼き殺されるところを命からがら逃げて参りました、私たちは土地を守り、子弟の教育のため、また生きんがために命をかけて植え付けた大事な農作物を爆弾で焼くのみでなく、また今かかる無慈悲な仕打にあうことは区民一同憤慨にたえませんと訴えております。さらに流球政府の行政主席が派遣した調査員もこの焼き払い事件を認めて、その報告の中で次の通り申し述べております。その真謝区の耕地が十四万六千七百二十五坪、山林三万三千坪、原野十三万七千坪、合計三十万七千七百二十五坪のうち類焼合して十六万坪の焼き払いの事実であることを明記しております。
 さらに琉球政府の意見として、何らの通告なしに突如として焼き払われ、アメリカ軍は接収以来樹木やその他に一文の賠償もなくしてこういった焼き払いの事実があったということは実に遺憾であると、任命された琉球政府さえそれを発表しております。焼き払いをかけられた土地の面積の広狭いかんにかかわりませず、農作物や立木の被害の多少に問題があるのではありません。この事件の本質的なものは同村民の八千万同胞への訴えにもあります通り、一九五五年三月十一日、完全武装兵によっての強奪にひとしい土地の接収以来、水攻め、食料攻め、住家の焼き払い、軍用犬による逮捕、投獄などで同村民に挑戦してきて、今また農作物と一切の草木に焼き討ちをかけ、攻撃しておるのであります。アメリカ軍の焼き払いは天人ともに許しがたい行為であります。食糧や水攻めだけで足りないで、脅迫し、逮捕し、投獄して、何の罪もない日本国民である伊江村の人々を死地に追い込んでおります。民主主義の旗を掲げ、自由を叫んで世界の世論を指導し、世界政治を導こうとしているアメリカ現地軍のかかる野蛮な行為が許されていいものでありましょうか。伊江島村民に加えられたこの無軌道きわまる恥知らずの行動は、八十万沖繩県民だけでなく、県民を含めて、九千万日本国民に対する一大挑戦であると私は考えております。八十万沖繩県民は、日本政府が本腰を入れて沖繩問題につき対策し、対米折衝してくれるよう熱望しております。そうして、県民八十万が切望してやまない四原則を貫き、八十万県民をも含めまして、九十万日本国民が熱願する沖繩の施政権を一日も早く国民の手に返してもらうため一切の努力をしていただきたいと考えております。

 次に、琉球大学学生に対するアメリカの弾圧措置について簡単に証言をいたします。
 一九五六年の八月十日、アメリカの民政府は、琉球大学理事会に対してこれまで支出をしていた補肋金を打ち切ることを声明しております。七月の二十七日、那覇高校庭で行われたプライス勧告反対四原則貫徹県民大会に参加しました琉球大学学生のデモ行進が反米的であると断じ、デモを指導した学生の処分を要求してきたのであります。
 同大学理事会は、学生の当日の行動に少々の行き過ぎはあっても、合法的にかつ大学学長の許可を受けて行なったことであるので、厳重処分するに忍びないとして、五名の学生に謹慎処分をすることを決定し、アメリカ民政府に報告しました。ところがアメリカ民政府は、謹慎処分ではなまぬるい、だれかれを加えて退学処分せよと理事会に強圧を加えてきました。最後の決定権をアメリカ民政府副長官に握られております同理事会は、再三理事会を開いて、ついに米国民政府の厳命に屈せざるを得なくなり、古我地学生自治会長を初め六名の学生を退学に、一人の女子学生に謹慎の処分を断行せざるを得なくなっております。四原則貫徹運動の最初の犠牲者を出したわけであります。
 これでわかりますように、沖繩の最高学府をもって任じている琉球大学には、学園の自治も学問の自由もありません。この事件は本土にもいち早く伝わり、全学連、私学連を初め、中央、地方の民主団体がこれを取り上げ、アメリカ現地軍や理事会に対して抗議のメッセージを送り、琉球大学学生に激励を送るなど、国民運動に拍車を加えている現状であります。

 伊江島村民にかけられました残虐な焼き払い事件といい、琉球大学事件といい、まさにわれわれ日本国民の常識では考えられないものであります。弾圧ではなく民主主義が、そしておそろしい原水爆基地の設定ではなく平和が、野蛮ではなく文明が沖繩にも行き渡り、隷属ではなく日本国民としての独立が、苦しい生活を脱して日本国民としての楽しい生活が八十万沖繩県民にも与えられるよう、貴委員会と日本政府に切望して私の意見を終りますが、けさ飛行便で参りました伊江島の区民からの報告を簡単に申し上げます。
 それはアメリカの兵隊が八月の八日に、アメリカ兵に対する訴えとして書いてあった立看板をたたきこわして、引き裂いていったという事実であります。この立看板には次のことが書かれております。「賢明なるアメリカ人の皆さんへ」という立看板、大きいトタン板の三枚張りであります。
  一、地主の承諾もなくして土地を取り上げ、適正補償もなされず、歎願した地主を縛り上げ、武力によって家を焼き払いまたは破壊するなどして地主を窮地に追い込み、農耕する地主は食うに困り、食糧のイモを掘る少年は軍用犬にかみつかせて逮捕の上投獄し、次々に故意に罪人にでっち上げ、無理じいに土地取り上げと罪名を承諾させようとすることは、神の意思にそむく行動だと思います。
  二、かかる行為は私たちと私たちの同胞を苦しめるのみであって、自由、平等、博愛の精神を持って世界を指導する米合衆国の行為とは、われわれには絶対に理解することはできず、承諾もできません。よってこの非人道的、非民主的行為によって取り上げた私たちの土地を一日も早く私たちに返して下さい。
        伊江島真謝区軍用
        地被害地主一同

ということになっております。

 これで私の意見を結びたいと思いますが、現在でもアメリカの兵隊は従来に変らないで残虐な行為を行なっております。一日も早く、残虐な行為を行わないように、平和のうちにすべてを解決するよう政府が努力して下さること、さらに現地では国会あるいは政府から調査団の派遣を非常に要望して、私のところにも数回にわたって手紙が参っております。
 話によりますと、何か拒否されたとかされぬとかいうことでありますが、国会、政府から正式に調査団を何名か送ってもらって、私の今話しましたことがほんとうであるかどうかを調査していただき、そうして国民の世論を巻き起して、現在やかましくなっている領土問題を正しく解決し、一日も早く、十一年間祖国から切り離された沖繩県を日本の一県にしてもらいたいことを希望し、私の意見を終ることにいたします。ありがとうございました。(拍手)

 こうしてみると,当時から50年の時が経過したが,どれほどの問題が解決したのだろうか,と思う。

 今,辺野古の海で繰り広げられている状況を目の当たりにすると,50年前の出来事を,登場人物を入れ替えただけで,全く同じように繰り返しているというふうに言えないか。
 このとき瀬長さんが訴えた思いを,私たち本土の人間が,どれだけリアリティをもって受け止めてきたのか,ということを考えさせられるものがある。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/441-e796e353
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。