ヒゲ隊長こと佐藤正久氏の発言について,非常に重要な事柄が,昨晩に報道されました。
 これは,報道の前提となった自衛隊内部資料「武器使用権限の要点」(情報公開されたもの)からの抜粋です(→News for the People in Japanより)。

bukisiyo1.jpg

bukisiyo2.jpg

bukisiyo3.jpg


 これによると,佐藤氏の発言中にあった「駆け付ける」とか「巻き込まれる」という言葉は,この内部マニュアルが出元のようですね。
 つまり,佐藤発言は,組織的な確信犯だということです。

 昨晩のTBSニュース(→こちらより)です。動画もあります。
駆けつけ警護「自衛隊方針の可能性」

 イラクに派遣された自衛隊の指揮官を務めた佐藤正久参議院議員が、憲法違反の疑いがある「駆けつけ警護」を、事実上「行うつもりだった」と述べたことに対し、弁護士らのグループが、「個人としての発言ではなく、自衛隊全体の方針である可能性がある」と指摘しました。
bukisiyou4.jpg
 佐藤氏は、「自分が巻き込まれない限りは、正当防衛、緊急避難の状況は作れない」と述べて、味方の他国の軍隊が攻撃された場合、情報収集を行うという名目で駆けつけ、戦闘に巻き込まれる形を作って応戦する考えだったことを明らかにしました。

 これについて「憲法9条をないがしろにする」と批判している弁護士グループらは、情報公開で得た資料を基に、「佐藤氏の発言は自衛隊全体の方針ではないか」と指摘しました。

 この資料には、「武器を使うことについての積極的な意思がなければ、武器を持って救助に駆けつけることは構わない」という記述がある一方で、他国の部隊が襲撃された場合は、他国の武力行使と一体化するため、救援できないと明記されています。(22日23:56)


 この話題については,以前のエントリーでコメント欄がずいぶん盛り上がっていますけれども,それだけ関心の高い(どういう立場に立つにせよ)重要な問題だということだと感じています。
 それに対して,マスコミの報道の扱いがあまりにも小さいのがヒジョーに気になります。

 さらに突っ込んだ内容については,他人のふんどしで恐縮ですが,ヤメ蚊弁護士さんのブログの渾身の連続記事を参考にしていただきたいと思います。私も全く同意見です。

***ランキング参加中***応援クリックお願いします応援クリックお願いします応援クリックお願いします
          
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/467-246886b7